巨大ハリケーン「イルマ」が襲ったカリブ海のバハマのビーチで、驚くべき怪現象が見られたそうだ。

普段はエメラルドグリーンの海が広がり、世界一美しい海と言われているというバハマのロングアイランドビーチ。ところがイルマが通り過ぎた直後、海水が消失し、黄土色の地面がむきだしになってしまったという。

「これ(海水の消失)見ると、モーゼの十戒、あったんじゃないかと一瞬、思いました」(菊川怜キャスター)

「なんで台風が通過したあと、海水なくなるの?」(小倉智昭キャスター)

ワシントンポスト紙によると、ハリケーンの気圧が低く、気圧の差で海水を吸い上げたそうだ。

「ただ、これだけじゃないと思うんですよね。吹き寄せ効果っていうのがあると思います」(気象予報士の天達武史)

今は元に戻る

浅瀬の海水がハリケーンの強風で陸地や沖合に流されてしまったのではないかという。ただし、現在は海水が戻ってきて元の状態に戻っているそうだ。

似顔絵 池田マコト