マーケティングに最適なSNS 私がインスタを選ぶ理由

写真拡大

多くのマーケティング担当者は、スナップチャットとインスタグラムには大して違いはないと思っている。どちらも若者のユーザーが多く、コンテンツの大部分に画像を使用し、企業がクリエーティブな手法を通してターゲット層とのつながりを深めるのに最適なサイトだ。

だが両サービスは現在、差別化を進めている。写真や動画を共有するネット上のスペースとして、企業との交流にも積極的なユーザーをそれぞれ囲い込んでいるという点は共通だが、B2BやB2Cのデジタルマーケティング担当者が選ぶべきサイトはインスタグラムになった、と私は考えている。理由は次の4つだ。

1. インスタの「ストーリー」機能導入

マーケティング担当者がスナップチャットからインスタグラムに切り替えるべき理由の一つは、両者が重複しているという極めてシンプルなものだ。スナップチャットには、写真や動画を投稿から24時間限定で閲覧できる「ストーリー」機能が存在するが、インスタグラムでも類似の機能が導入された今、スナップチャットの中心的なマーケティング基盤はもはや独自性を失ってしまった。

恐らくそれより重要なのは、スナップチャットとインスタグラムの両方にわざわざ投資しても、それに見合った利益が期待できないことだ。インスタグラムのストーリー機能のデーリーユーザーは2億人だが、スナップチャットのストーリー機能のデーリーユーザーは1億6000万人で、その多くは重複している。閲覧者数の多いサイトに重点を置く方が投資対効果は高まる。

2. ターゲット層を見つけるのが容易

インスタグラムはスナップチャットと比べ、ユーザー層が広く、こうしたユーザーとつながるためのツールもより豊富なことから、全体的に優位性がある。

例えば、アプローチできるユーザー数は、スナップチャットよりもインスタグラムの方が多い。インスタグラムの月間アクティブユーザーが7億人を超えるのに対し、スナップチャットは3億人だ。

3億人は決して少ない数字ではないものの、リソースを集中させる先は、コンテンツへの注目をより多く集められるサイトの方が良い。また、スナップチャットの成長率は少しずつ鈍化しているが、インスタグラムの成長は衰える気配を見せていない。

3. 金銭的余裕のあるユーザーが多い

インスタグラムは、良質な潜在ターゲット層を獲得する点にも優れている。つまり、金銭的に余裕のある見込み客を集める能力がスナップチャットよりも高いのだ。

インスタグラムのユーザー層は、スナップチャットのユーザー層と比べて年齢層が若干高めだと考えられる。一見するとささいだが、実は重要な違いだ。現在20〜30代のミレニアル世代は、10代のジェネレーションZに比べて支出能力がはるかに高い。

資金の投入先としては、商品を購入する金銭的余裕のある顧客層に狙いを定めるのが合理的だ。

4. 深いエンゲージメントが育つ

インスタグラムでは、スナップチャットに比べてターゲット層が見つけやすいだけではなく、見つけたターゲット層とのつながりを育てることができる。スナップチャットは元々短時間の投稿に特化しているため、ブランドと見込み客の間の接触はほんの一瞬だ。一方で投稿が永続的に公開されるインスタグラムでは、ユーザーが過去の投稿履歴をたどり、企業についての全体像をつかむことができる。

さらにインスタグラムでは、投稿が永続的でない場合でもユーザーと企業の間に深いつながりを作ることが可能だ。同社によると、インスタグラムのストーリー投稿では5件中1件の割合で閲覧者から直接メッセージが届き、ユーザーの70%が少なくとも1社の企業をフォローしている。その結果、閲覧数の多いストーリーの3分の1は企業のものとなっており、インスタユーザーがブランドとの接触を求めていることが分かる。

売り上げを生む関係性を構築するためには、こうしたつながりを生むインスタグラムの方がスナップチャットよりも一枚上手であり、業績面でより手堅い選択となる。

結論

これまでさまざまな点を挙げたが、企業のマーケティングに最適なサイトは、チームが一番使いやすいものだ。主要なソーシャルメディアは全て素晴らしいユーザーエクスペリエンスを提供する一方、使い方を習得するのが格段に難しくなった。特に、今年に入って新たなマーケティングチャンネル(宣伝経路)が次から次へと登場していることを考慮すると、自分が自由自在に使えるいくつかのチャンネルを継続的に使用することが鍵となる。

まずはチャンネルとなるソーシャルメディアを1つ選び、その使用法を会得するのが最善だ。私はインスタグラムを選択するが、皆さんはどうだろう?