【詳細】大橋トリオによるピアノ弾き語り本編映像はこちら

大橋トリオが、“本人役”として出演していることでも話題の映画『AMY SAID エイミー・セッド』から、大橋トリオのピアノ弾き語りシーンが解禁された。

『AMY SAID エイミー・セッド』は、国際映画祭の常連である河瀬直美監督をはじめ、塚本晋也監督、山下敦弘監督、若松孝二監督、瀬々敬久監督、諏訪敦彦監督、大森立嗣監督らの国際的評価の高い映画作品に数多く出演する俳優のマネージメント会社ディケイドが、設立25周年を記念して自ら企画・製作した注目作。

かつて映画に情熱を注いでいた頃の純粋な気持ちを忘れかけ、日々それぞれの人生に追われ、疲れた40代の男女8名が、20年前の「ある日」を邂逅する一夜を描いた大人の青春群像劇。主演の三浦誠己をはじめ、渋川清彦、村上虹郎、渡辺真起子、中村優子、山本浩司、大西信満、村上淳ら実力派俳優が集結した、俳優と俳優の個性がぶつかり合うアンサンブルとなっている。

今回、解禁されたのは、大橋トリオが三浦誠己演じる朝田ら元映画研究会のメンバーと再会し、テーマ曲でもある「AMY SAID」をピアノで弾き語るシーンが収められた本編映像。

本作のキャッチコピーでもある「みんな、映画が好きだった。」という20年前の純粋でまっすぐな気持ちに各々が想い馳せる、本作のノスタルジックで感傷的な雰囲気が音楽ととともに感じられる、重要なシーンだ。

なお、『AMY SAID エイミー・セッド』は、9月30日よりテアトル新宿ほか東京での公開が発表されているが、このたび、10月21日よりシネ・リーブル梅田での公開を皮切りに、11月11日より神戸元町映画館、京都みなみ会館ほか関西での公開が決定。

10月21日の関西公開初日(シネ・リーブル梅田)には、主演の三浦誠己、大橋トリオの初日舞台挨拶も決定しており、関西出身の三浦誠己の凱旋舞台挨拶となる。

日本の映画業界を支え続ける実力派俳優たちの競演が話題となり、公開前から映画監督、クリエイターなど映像業界内で話題を呼んでいる本作。思い描いていた夢とは違う、今という現実をがむしゃらに生きている大人たちの姿が観客自身にも重なり、少し立ち止まって純粋だった想いを思い起こしたくなる一本だ。





映画情報



映画「Amy said(エイミー・セッド)」

9月30日(土)よりテアトル新宿、10月21日(土)よりシネ・リーブル梅田ほか全国順次公開

出演:三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起子、村上淳

音楽:jan and naomi

テーマ曲:大橋トリオ「Amy said」

監督・脚本:村本大志

配給:ディケイド

(C)2017「Amy said」製作委員会

映画『Amy said』作品サイト

http://amy-said.com

大橋トリオ OFFICIAL WEBSITE

http://ohashi-trio.com/