モウリーニョ監督、CLの選手起用について「何がベストかを考える」

写真拡大

 12日に開幕を迎えるチャンピオンズリーグ(CL)。マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が試合前会見を行い、選手起用について語った。11日に同クラブの公式ホームページが伝えている。

 まず初めに、9日に行われたストーク戦でベンチ外となっていたベルギー代表MFマルアン・フェライニについては「彼は代表から問題を抱えて戻って来た。昨日の練習には参加していない。今日の練習に参加できるかを見てみるよ。彼は私にとってとても重要な選手だ。皆が思っている以上にね。コンディションが整えばメンバーに入れるよ。今はまだ分からない」と古傷が悪化して負傷を抱えていることを明かした。

 また、昨シーズンプレミアリーグではスペイン代表GKダビド・デ・ヘア、ヨーロッパリーグではアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロを起用するなど完璧に分けて起用していたモウリーニョ監督。CLでもそのようになるのかと聞かれると「チームにとって何がベストかを考える。完璧に大会ごとで分けるのは好きではない。そして、今はダビドが良いプレーをしていて、自信も持っている。バーゼル戦はダビドを使うよ」とデ・ヘア起用を明言した。

 続いて、今シーズンプレミアリーグ開幕からCBは、イングランド代表DFフィル・ジョーンズとコートジボワール代表DFエリック・バイリーを固定で起用していた。しかし、CLでは両選手とも出場停止となっている。これにより、イングランド代表DFクリス・スモーリングと新加入のスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフを起用するとみられている。このことについては「彼らは全員同じレベルにあるから何も問題はない。ジョーンズやバイリーが出場停止じゃなくても彼らを使ったと思うよ」とコメントした。

 さらに新加入のリンデロフについては「彼にとっては、CLの方がプレーするのは簡単だと思う。すでにプレーしたこともあるしね。ポルトガルリーグはプレミアリーグよりもCLの方が近いと思う。だから次の試合に出場することは問題ない」と語った。

 続けて「段階を踏むことが大事だよ。チェルシーにいた時、プレミアリーグ過去10年でベストのCBの一人であるリカルド・カルバーリョでも、同じようにポルトガルリーグからやってきたが適応に少し苦しんでいた。しかし、その後のキャリアは驚くべきものだった。ビクトルも同様なキャリアを送れると思う」と言及。チェルシーやレアル・マドリードでプレーした元ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョのように時間が必要と言及した。

 マンチェスター・Uは、12日にホームでバーゼルと対戦する。