レッドソックスのフェルナンド・アバド【写真:Getty Images】

写真拡大

レッドソックス左腕アバドが55マイルの超スローボールで空振り三振

 米大リーグで遅すぎる“魔球”を投じ、空振り三振を奪った剛腕投手が出現。55マイル(約89キロ)という超スローボールで打者を幻惑した姿をMLB動画サイト「Cut4」が動画付きで紹介し、「一流のイーファス(スローボール)の使い手だ」と反響を呼んでいる。

 日本で言うなら、かつての星野伸之か。多田野数人か。日本の野球ファンなら、そんなイメージが浮かぶ“怪投”を演じたのは、レッドソックスの左腕、フェルナンド・アバドだ。

 10日(日本時間11日)のレイズ戦。1-4と3点を追う8回に5番手で登板。1死から迎えた右の好打者エチェバリアに対し、カウント0-2と追い込んだ。すると、普段は150キロ超の速球で剛腕をうならせる31歳は、3球目にとんでもないボールを投げ込んだ。

 188センチの長身からノーワインドアップで構えると、リリースの瞬間に直前“失速”。そして、ゆったりとした腕の振りからドローンという超スローボールを投げ込んだのだ。ほぼ真ん中に投じたイーファスにエチェバリアは待ち切れずに手を出したが、55マイル(約89キロ)にタイミングが合わずに空振り。まさかの形で珍三振を喫してしまった。

緩急の“ギャップ”で打者を翻弄? ファンから「イケてるね」の声

 苦々しい表情でマウンド方向を見つめながらベンチに下がるエチェバリア。対するアバドはしてやったりだ。

 日本では左投げの星野伸之、右投げの多田野数人がスローボールの使い手として知られるが、彼らと違うのはアバドが普段は剛腕として知られる点。その“ギャップ”は打者にとっても大きかったのだろう。

「Cut4」は「一流のイーファス(スローボール)の使い手だ」と動画付きで紹介。ファンから「イケてるね」と声が上がるなど、魅了していた。

 続く打者に安打を許し、ここで降板したが、2/3回を無失点。試合には1-4で敗れたが、渾身の“魔球”で奪った3球三振はアバドにとってしてやったりだっただろう。