独西部フランクフルトアムマインで開催の「フランクフルト国際自動車ショー」で公開されたホンダの電気自動車「アーバンEVコンセプト」(2017年9月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)独西部フランクフルトアムマイン(Frankfurt am Main)で11日、フランクフルト国際自動車ショー(IAA)の開幕に先立ってプレス向け内覧会が行われた。

 主催者発表によると、今年は39か国から約1000の出展者が参加。会場では、独メルセデスAMG(Mercedes AMG)のフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)カー「プロジェクト・ワン(Project ONE)」や独フォルクスワーゲン(VW)初の自動走行車「セドリック(Sedric)」、独ダイムラーのコンセプトカー「EQフォー・ツー(EQ fortwo)」などが公開され、メルセデスAMGの専属F1ドライバー、ルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)氏やVWのマティアス・ミュラー(Matthias Mueller)最高経営責任者(CEO)らがプレゼンテーションを行った。開催は9月14〜24日。
【翻訳編集】AFPBB News