スティーリー・ダン、ウォルター・ベッカー死後初のツアー開催を発表

写真拡大

今月初めウォルター・ベッカーを喪ったスティーリー・ダンが、10月に北米ツアーを行なうことを発表した。

◆スティーリー・ダン画像

ドナルド・フェイゲンは、ベッカーが亡くなった際、「僕がスティーリー・ダンといられる限り、僕らが一緒に創った音楽を生かし続ける」と誓っていた。

新ツアーは、10月13日にオクラホマ州でスタート。25日までに8公演開かれ、ウォルターの追悼公演になるのではと考えられている。

ドナルド・フェイゲンはその前に、ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズとして来日し、大阪(9月20日フェスティバルホール)、名古屋(22日 名古屋国際会議場センチュリーホール)、および23、24日に横浜赤レンガ倉庫で開かれる<Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017>でプレイする。彼がソロで日本公演を開くのはこれが初となる。

スティーリー・ダンはまた、10月28〜30日、UK/アイルランドでドゥービー・ブラザーズとのジョイント公演を予定している。

Ako Suzuki