レイ・ハラカミ、名盤『暗闇の色』が完全限定生産レコードで再リリース

写真拡大

2011年7月40歳の若さで亡くなったレイ・ハラカミの企画盤『暗やみの色』がアナログレコードで蘇る。

◆レイ・ハラカミ『暗やみの色』 関連画像&SoundCloud

『暗やみの色』は、レイ・ハラカミの作品の中でも特にアンビエントサウンドをメインに置いた作品。日本科学未来館のプラネタリウム”世界で最も先進的なプラネタリウム投影機“MEGASTAR-II cosmosのコンテンツ「暗やみの色」のサウンドトラックとして作られた楽曲となっている。谷川俊太郎の詩を原田郁子(クラムボン)が、朗読した「yami wa hikari no haha」も収録しており、オリジナルCDは、中古市場で高値が付いたレア盤として知られる。限定クリアバイナル仕様の、180グラム重量盤アナログレコードでのリリースとなる。

『暗やみの色』
11月3日(金)
rings RINR2 3,704円+税
Tracklist:
SIDE A
01. intro
02. sequence_01
03. sequence_02
SIDE B
04. sequence_03
05. sequence_04
06. "yami wa hikari no haha"
07. outro

◆rings オフィシャルサイト