「移籍金総額ランキング」を欧州調査機関が発表 「526億円コンビ」加入の“PSG超え”を果たしたクラブとは

写真拡大

プレミア随一の金満クラブであるシティが、2位PSGと“わずか4億円差”でトップ

 欧州主要リーグの夏の移籍市場は閉じ、2017-2018シーズンの各クラブの陣容はほぼ決まった。

 それを受けて、スイスのサッカー専門調査機関「CIES Football Observatory」が各クラブの陣容の移籍金総額を発表。英公共放送「BBC」も注目している。果たして“世界一ゴージャスなクラブ”はどこか――。

 今夏の移籍市場の主役となったのは、フランスのパリ・サンジェルマン(PSG)で間違いない。移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)でブラジル代表FWネイマールをバルセロナから引き抜き、フランス代表FWキリアン・ムバッペもモナコからのレンタル移籍ながら、来季莫大な移籍金(1億8000万ユーロ=約236億円)を払って買い取ることが既定路線となっており、豪奢さが目についた。しかし、同機関の調査によると、チーム全体の移籍金総額は8億5000万ユーロ(約1105億円)で2位にとどまった。

 では、1位はどこか。それはプレミアリーグ随一の金満クラブで知られるマンチェスター・シティで、8億5300万ユーロ(約1109億円)で、“わずか4億円差”で首位となった。

 3位マンチェスター・ユナイテッド、4位チェルシー、5位バルセロナと移籍金総額を伸ばしている一方、総額がダウンしているのが6位レアル・マドリード、11位バイエルン・ミュンヘン(3億5000万ユーロ=約455億円)、17位インテルは総額が減っている。特に、レアルの場合はスペイン代表FWアルバロ・モラタらの売却もあって、総額1億3800万ユーロ(約180億円)もの移籍金ダウンとなった。

リーグごとの合計価値1位はプレミア

 リーグごとに見ると、プレミアの合計価値は57億ユーロ(約7410億円)でトップ。続いてセリエAの24億ユーロ(約3120億円)、リーガ・エスパニョーラの22億ユーロ(約2860億円)、ブンデスリーガとリーグアンの19億ユーロ(約2470億円)となっている。どこのリーグも移籍金はプラスの方向となっており、「サッカーバブル」は拡大傾向にあるようだ。

 同機関調べのトップ10、ならびに主な日本人選手所属クラブのランキングは以下の通り。

1位:マンチェスター・シティ/8億5300万ユーロ(約1109億円)

2位:PSG/8億5000万ユーロ(約1105億円)

3位:マンチェスター・ユナイテッド/7億8400万ユーロ(約1019億円)

4位:チェルシー/6億4400万ユーロ(約837億円)

5位:バルセロナ/6億2800万ユーロ(約816億円)

6位:レアル・マドリード/4億9700万ユーロ(約646億円)

7位:ユベントス/4億7000万ユーロ(約611億円)

8位:リバプール/4億3700万ユーロ(約568億円)

9位:アーセナル/4億1600万ユーロ(約541億円)

10位:トッテナム/3億6100万ユーロ(約469億円)

<日本人選手所属クラブ>

16位:ドルトムント/2億7500万ユーロ(約358億円)

17位:インテル/2億6800万ユーロ(約348億円)

20位タイ:サウサンプトン/2億2300万ユーロ(約290億円)

22位:レスター/2億1300万ユーロ(約277億円)

36位:マルセイユ/1億2000万ユーロ(約156億円)

45位:ハンブルガーSV/8800万ユーロ(約114億円)

56位:ケルン/5900万ユーロ(約77億円)

58位:ヘルタ/5300万ユーロ(約69億円)

60位:マインツ/4900万ユーロ(約64億円)

61位:フランクフルト/4800万ユーロ(約62億円)

63位タイ:シュツットガルト/4700万ユーロ(約61億円)

89位:エイバル/1700万ユーロ(約22億円)

94位:ヘタフェ/1000万ユーロ以下(約13億円以下)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images