アラスカンマラミュートってどんな犬?

アラスカンマラミュートは、アラスカ北西部のセワードペニンシュラ地方を主産地とするスピッツ系の犬です。アラスカンマラミュートはマラミュート族(マールマット・イヌイット)によって長年飼育され、そりを引いたり、猟犬として狩猟や漁業を手伝ったりしていました。

18世紀に欧米人がアラスカに入るまで、他犬種との交配が行われることなく純粋性が保たれていました。しかし、犬そりレースの流行でよりレースに強い犬を得るために他犬種との交配が行われるようになり、純粋なアラスカンマラミュートの数は激減したといいます。

1920年頃に純粋なアラスカンマラミュートが発見されると、保存の大切さが再発見され、再度繁殖されるようになります。アラスカンマラミュートは1935年に原産国アメリカのAKCで認められ、第二次世界大戦中は寒さに強い軍用犬として重宝されたといいます。

アラスカンマラミュートの特徴

アラスカンマラミュートはシベリアンハスキーと外見がよく似ています。けれども、シベリアンハスキーが中型犬種に分類されるのに対し、アラスカンマラミュートは大型犬種に分類されます。

シベリアンハスキー 体長50〜58cm 体重16〜27kgアラスカンマラミュート 体長58〜63cm 体重34〜38kg

数字を見ると、アラスカンマラミュートの方が一回り大きいのが分かります。

アラスカンマラミュートの体型

アラスカンマラミュートの体型は筋肉がよく発達しがっちりしていて、手足や肩なども太く、力強い外見の犬です。耳は三角形で立ち、大きな頭で、しっぽは垂れずに背中の方にゆるく巻いています。目はアーモンド形で、色は茶色です。

アラスカンマラミュートの被毛

アラスカンマラミュートの被毛は厚く、他の北方の犬種と同じように、きめの粗い上毛と密で分厚い羊毛のような下毛で覆われています。毛色は、ライトグレーからブラック、セーブルからレッド、そしてその他の混合色まで多彩。下腹部や足、顔などはホワイトです。単色はホワイトのみ許容されています。そして何よりも顔の模様が特徴的で、常にホワイトが優勢です。

寒い地方に適した被毛のアラスカンマラミュートは、特に子犬の頃はもこもことして非常にかわいい姿をしています。表情もハスキー犬よりも穏やかです。

アラスカンマラミュートの性格

アラスカンマラミュートは、作業を行うのに適した体型をしているばかりでなく、疲れ知らずで、力強さと耐久力に優れた犬種です。アラスカンマラミュートもそりを引いていた犬種ですが、レースで速く走る犬というよりも重い荷物を引くほうが適しています。

また、アザラシやホッキョクグマなどの大きな獲物を狩る際の猟犬としても活躍していました。アラスカンマラミュートは大きくて力持ち、頼もしい犬種です。成犬になると、その堂々とした姿は貫禄十分です。

その一方で、アラスカンマラミュートの性格は、愛情深く友好的。飼い主に忠実で献身的なので、飼い主と良いパートナーになれる犬種です。ただし、自立心が強いところもあるので納得しないと従わないことも。他の犬種や家畜などには攻撃的になることもあります。注意した方がよいでしょう。

アラスカンマラミュートの飼い方

アラスカンマラミュートは、毛が厚く毛量も多いので手入れが少々大変です。下毛は防水のため皮脂に覆われているので、手入れをしないと体臭が強くなったり、フェルト化してしまったりします。特に毛が抜け変わる時期は大量の毛が抜けるので、こまめなブラッシングが必要です。時々はシャンプーもしてあげましょう。

アラスカンマラミュートは寒さに強い犬種ですが、その一方で夏の暑さに弱い反面もあります。熱中症になりやすいので、散歩は涼しい時間帯に行い、暑い時間帯は室内などの涼しい場所で過ごさせることが大事です。

そして大切なのは、毎日の十分な運動です。アラスカンマラミュートは、「数百マイルもそりを引く、疲れを知らぬ犬」と探検家たちに驚かれたといいます。このように、元々体力があるため、適度な運動をさせないとストレスがたまり、困った行動をおこすこともあります。長時間の散歩や安全に遊べる広い場所を確保することが必要です。

また、アラスカンマラミュートは皮膚疾患をおこしやすい犬種です。高温多湿の日本では皮膚疾患が悪化しやすいので、ブラッシングなどの手入れを怠らないようにし、日ごろからよく観察してあげましょう。

大型犬種におきやすい病気にも要注意です。食事の後に急に運動をしたりすると胃捻転をおこしやすいので、落ち着いて食事をさせましょう。股関節形成不全もおこしやすいので、成長期にしっかりと栄養をとらせ、運動不足にならないようにし、股関節の発育を促してあげましょう。

まとめ

アラスカンマラミュートは、大きな犬種でたくましい外見ですが、性格は愛情深く友好的。アラスカンマラミュートは希少な犬種で、日本でもブリーダーがいないようですが、パートナーとしてはとても魅力的な犬種です。海外のブリーダーとのやり取りをサポートしてくれるサイトもあるようですので、そのような場所を利用してアラスカンマラミュートとの暮らしを楽しんでみるのも良いかもしれません。