モウリーニョ、クリスタル・パレスの決断に驚かず…77日間で解任に

写真拡大

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が、クリスタル・パレスがフランク・デ・ブール監督をわずか77日間で解任したことについて、「驚いていない」と感想を述べた。11日付のイギリス紙『サン』が伝えている。

 今シーズンからクリスタル・パレスの指揮を執っていたF・デ・ブール監督だったが、プレミアリーグ開幕4で4連敗。事態を重く見たクリスタル・パレスは11日、F・デ・ブール監督を就任からわずか77日で解任する決断を下した。

 短期間での解任劇に、モウリーニョ監督は「私はチェルシーで王者として解任されたし、(クラウディオ・)ラニエリもレスターで同じ目に遭った」と自身の体験を引き合いに出し、「フランク・デ・ブールは4試合で解任されたが、来シーズンも信じられないような事があるだろう。だから私は何に対しても驚かない。それが我々の働いている世界なんだ」と述べた。

 さらにモウリーニョ監督は、「この世界では、あなた方の多くが監督に掛かるプレッシャーの一因でもあり、それを楽しんでいる。サッカーにおいて、私は何に対しても驚かないよ」と監督にかかる過度なプレッシャーの一因になっているとして、メディアへの牽制も忘れなかった。

(記事/Footmedia)