映画『脱脱脱脱17』舞台挨拶にて北澤ゆうほ(the peggies)弾き語り披露

写真拡大

 各界で注目の俊英 松本花奈が、the peggiesのフロントマン北澤ゆうほと撮り上げた異色にして出色の青春ロードムービー『脱脱脱脱17』。9月2日からユーロスペースにて限定レイトショー公開されているが、9月10日上映後に松本と主要キャストが登壇するトークショーが行われた。

舞台挨拶写真(全2枚)

 同映画は、松本花奈が当時17歳という若さで、脚本、編集、監督と全霊を込めて製作され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭等で上映され絶賛された作品だ。あの岩井俊二からも“事件だ”と称賛され、公開が待たれていた。また、本年5月にメジャーデビューし、同世代から支持を受けているガールズロックバンドthe peggiesの北澤ゆうほが主演していることも注目されている。

 トークショーには、松本とリカコを演じた北澤ゆうほ、高校生活17年目のノブオを演じた鈴木理学、リカコの母親役を演じた三坂知絵子の4人が登壇し、立ち見が出るほどの満員の劇場が大きな拍手で迎えられた。

 本作は、the peggiesの楽曲が5曲使用されており、それがとても印象的に使われ、映画に彩りを与えている。その音楽について松本からこの映画のため、北澤につくってもらった曲が2曲あると説明があると、映画の重要なシーンであるストリップ劇場でリカコが唄う楽曲について北澤が「もともとは違う曲だったんですが、“花奈ちゃんのイメージするものと違うかもしれないから、こういう曲つくりませんか”という話をいただいて、なるほどと思い、歌詞から作りました。」と、アーティストとしても全力でかかわっていたエピソードを語った。

 そして、アコースティックギターを抱えた北澤をステージに残し、監督、キャストは客席側へ。本作の主題歌となっている「青春なんかに泣かされて」を弾き語りで披露。本曲は、松本が北澤に出演交渉の際に見せた映画のプロットのタイトルだったものに、インスパイアを受けて制作した楽曲だ。青春時代に感じる何者でもない自分をそっと肯定してくれるような優しさが心に刺さってくるようなパフォーマンスに会場を魅了した。

 北澤ゆうほの弾き語りが終了し、最後の挨拶で、松本は「この映画をつくってたくさんの出会いがあって、自分の人生にとっても宝物だなと思っています。」と作品への愛を感じる言葉で締めくくると、北澤は「はじめてのことを体験しているわたしがずっと映っている映画なんですけど、とにかくこの映画の撮影を通して、120%でやらないと伝わらないし、意味のないことだとすごく勉強になりました。それはthe peggiesのライブの見せ方やミュージックビデオでの表情の作り方へ影響を与えてくれて、とてもいい経験だったと思ってます。演技もそうですが、これからもいろいろなことに挑戦したいと思います。」と映画を通して様々な刺激を受けたことを語った。

 なお、映画『脱脱脱脱17』は渋谷ユーロスペースにて9月15日までレイトショー公開中。また、9月15日 渋谷WWWでは、the peggiesの企画ライブが行われるので、ぜひチェックしてほしい。


◎映画上映情報
映画『脱脱脱脱17』
公開:2017年9月2日〜2017年9月15日
公開劇場:渋谷ユーロスペース
監督:松本花奈
劇中歌:the peggies
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
製作:(C)2016「脱脱脱脱17」製作委員会