大塚 愛、「水のようなアーティストでい続けたい」

写真拡大

大塚 愛が自身の誕生日でもある9月9日(土)に中野サンプラザで、一夜限りのバースデーライブ<LOVE IS BORN 〜14th Anniversary 2017〜>を開催した。

◆ライブ画像

“14周年=14=イシ=石”。大塚 愛が得意とする言葉遊びにて、14周年ライブのコンセプトとなったのは9月の誕生石でもあるサファイアだ。ステージ上には大きなサファイアを模ったセットが組まれた。そのセットの中から宇宙空間にいるような幻想的なSEが鳴り、やがて真っ白なワンピース姿で大塚 愛が登場。「地球からステップ踏んで 軽くして浮いている あぁ 地球っこ」と「ロケットスニーカー」を歌う姿は、まるで宇宙に遊びに来た妖精さながら。

「私は1で、皆さんが99。合わせて100の力で、14年間やってこれました。」と14年前を振り返りながら披露したのは、デビュー曲の「桃ノ花ビラ」。今まで発表してきた楽曲の数々を新たなアレンジに変化させ挑むステージは、大塚らしくキュートでチャーミングな印象はそのままに、今やりたいことへのチャレンジ精神が溢れるパフォーマンスだった。中盤の弾き語りでは、ファンの中でも非常に人気の高い楽曲「向日葵」を歌唱。大塚 愛自身が何を弾き語るか迷っていた時に「娘に、『この曲を聞くと、ママがどれだけお客さんのことを想っているか伝わると思うよ』とアドバイスをもらったんです。」と、心温まるエピソードも披露した。

続いて「デビュー当時からブレていない意志。それは水のようなアーティストでい続けたい、ということ。何にでも形を変えて、同じ時は一度もない。いつまでも捕まえられない存在でいたい。」「そんな想いを書いた曲があります」と、「ネコに風船」を披露した。アンコールでは、ファンから「Happy Birthday」の歌のサプライズプレゼントを受け取ると、「丸14年一緒にいてくれてありがとう。これからも一緒にいてください。」と、14年間の感謝とこれからの意志を伝え、<LOVE IS BORN 〜14th Anniversary 2017〜>を締めくくった。

大塚 愛は、今月23日には“日本一の星空”と言われる長野県阿智村で<AIO PIANO -星の音楽界 2017->と銘打ったアコースティックライブを開催する。この公演は映像クリエイティブチームの「ネイキッド」とコラボレーションしたスペシャルイベントになる模様だ。

セットリスト
01. ロケットスニーカー
02. 私
03. パラレルワールド
04. 桃ノ花ビラ
05. RounD
06. LIFE-LOVE CiRCLE
07. ハニカミジェーン
08. CHU-LIP
09. PEACH -ウォッカ-
10. 星のタンゴ
11. 向日葵(ピアノ弾き語り)
12. ネコに風船(ピアノ弾き語り)
13. 片想いダイヤル
14. 泡ガール
15. SMILY
16. フレンジャー
17. HEY!BEAR
EN01. Birthday Song
EN02. LUCKY☆STAR
EN03. さくらんぼ
EN04. タイムマシーン

<AIO PIANO -星の音楽会 2017->
開催日:2017年9月23日(土・祝)
開場:17:00/開演:19:45
場所:富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら
料金:6,500円(ゴンドラ料金含)
※雨天曇天決行/荒天時中止
※3歳以上有料。3歳未満無料(チケット・ゴンドラ料金)
詳細:http://avex.jp/ai/