昨年の研修参加者(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全2枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国の文化体育観光部と世界各地で韓国語教育機関「世宗学堂」を運営する世宗学堂財団が、優秀学習者を韓国に招いて19日までの8日間、ソウルやその近郊、済州島で研修を行う。

 今回の研修には、3〜6月に世界54カ国・地域、171カ所の世宗学堂で行われた韓国語スピーチ大会予選で優秀な成績を収めた受講生134人が参加する。

 研修期間中の18日には予選を勝ち抜いて選ばれた12人の決勝進出者が韓国語の実力を競う「2017世宗学堂韓国語スピーチ大会」のファイナルが開かれる。 

 

 参加者の中には韓流ドラマに魅了されてロシア韓国文化院の世宗学堂で学び、大韓航空モスクワ支店に就職した学習者や、台北の世宗学堂に通い、韓国語通訳を目指す台湾の元芸能記者などもいる。

 参加者らはソウル近郊の世宗大王陵や韓国民俗村を回るほか、済州島も訪問する予定だ。

 海外で韓国語と韓国文化を広める役割を果たしている世宗学堂は、現在58カ国・地域の174カ所で運営されており、2010年から実施している研修では昨年までに約700人が韓国を訪問した。