オボーに祈願する遊牧民=シリンゴル盟・ジューグンウジュムチン・ホショー(2012年7月撮影)

写真拡大 (全2枚)

 日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

----------

 「オボー」とはモンゴルの各地に祭られているその地の神々が宿っている場所であり、氏族のシンボル的な存在でもある。

 モンゴルのオボーというのはシャーマニズムから起源し、その後、仏教がモンゴルに普及することによって、仏教の要素が多く含まれるようになってきた。

 祭りを執り行うのが、ラマであり、チベット仏教のお経を唱える。モンゴルでは山や川にはそれぞれの神様が宿っていると考えられている。オボーを時計周りに3周し、チーズや馬乳酒などを捧げながら、石を1個納め、雨乞いをしたり、家族の健康や幸福または家畜の繁殖などをお願いしたりする。

 最近はこのオボー祭りにおいても政治的な利用が多くみられるようになっている。

 例えば、オボー祭りを政府が執り行うことで、一つの地域的な行事にしてしまい、少数民族対策への賛成であったり、成果として見かけることもある。しかし、そこには従来の祭りと異なる要素が多くなり、オボー祭りと言えないことも多いと感じる。つまり観光や娯楽のような要素が多くなっているのだ。

 このような時代の変化において、このハダン・オボーのような小さい、無名なオボーは、伝統を大切にして、できる限り、忠実に行うことが多いし、大体が、その地域に生きる同一氏族(正確には氏族と言えなくなった。ただ、婚姻による親族関係を持つ人々が中心になっていると言える)によって、行われている。そこには観光客や政府役員もなく、純粋な行事なのだ。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮るーアラタンホヤガ第3回」の一部を抜粋しました。

----------

アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。