ドログバ、トッテナム移籍の“弟”に「契約するクラブを間違えた!」

写真拡大

 過去にチェルシーで活躍し、現在はMLS(メジャーリーグサッカー)のモントリオール・インパクトに所属する元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが、トッテナムに移籍した同代表DFセルジュ・オーリエについてコメントした。イギリスメディア『デイリーエクスプレス』が11日付で報じた。

 今夏、移籍市場最終日にパリ・サンジェルマンからトッテナムに2300万ポンド(約33億円)の移籍金で加入した“同胞”について、同じロンドンに本拠地を置くチェルシーの伝説的な選手であるドログバ氏は『スカイ・スポーツ』のインタビューでオーリエについてコメントした。

「ほんの数時間前に彼と話した。彼がイングランドでプレーすることをとても嬉しく思うよ。もちろん手助けをする。僕の弟だからね。だが、彼はサインするクラブを間違えたね!」

 冗談を交えながらプライベートでは兄弟のように親しい中にあるというオーリエに、ドログバは激励の言葉を贈った。