煮汁に酢を加えるのがおいしさのコツ/調理=中村陽子 撮影=千葉 充

写真拡大

ようやく、鍋でコトコト煮込む調理が“苦”ではない季節になりました。そこで、コトコトは鍋におかませ、多めに作っておけばお弁当にも◎のレシピをご紹介。

ほかにも「とり肉」を使ったレシピをチェック!

特売にもなりやすいとり手羽元に焼き色をつけたら、酢を加えた煮汁で煮るだけ。骨から肉がホロッとはがれるほど、やわらかくおいしく仕上がりますよ!

 

■ 【とり手羽元のさっぱり煮】

<材料・2人分>

とり手羽元6本、ゆで卵2個、赤パプリカ1/2個、サラダ油、酢、しょうゆ、砂糖、酒

<作り方>

1.パプリカは縦4等分に切る。手羽元は、ペーパータオルで水けを拭く。

2.フライパンに油大さじ1/2を強火で熱し、手羽元を並べ入れる。時々転がしながら全体に焼き色をつけ、出てきた余分な脂をペーパータオルで拭く。

3.水2カップ、酢大さじ2 1/2、しょうゆ大さじ1 1/2、砂糖、酒各大さじ1を加えて混ぜる。オーブンペーパーなどで落としぶたをし、さらにふたをして、中火にして約15分煮る。ふたを取り、パプリカとゆで卵を加え、さらに約10分煮る。

(1人分326kcal、塩分1.9g、調理時間35分)