ライオラ氏が大型補強ミランを批判「過去のレベルには戻らない」

写真拡大

 数々の大物選手を顧客に抱える敏腕代理人のミーノ・ライオラ氏が大型補強を成功させたミランに対し、苦言を呈した。イタリアメディア『7 Gold』のインタビューに応えた。

 ミランではイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマやイタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラを顧客としているライオラ氏だが、前者が同クラブと新契約を結ぶ際、「ドンナルンマを主将とする」ことを実現させなかったとしてクラブを批判していた。

 マルコ・ファッソーネCEOがこれに公に反論するなど、ミランとの不和が噂されていたライオラ氏だが、やはり多少の軋轢は存在するようだ。

 同メディアのインタビューでライオラ氏は「私はこのプロジェクトで、過去のミランのレベルにものになるとは思わない。特に彼らの過去の栄光を知る者にとってはね。ファッソーネCEOと(マッシミリアーノ・)ミラベッリSDを非難するわけではないが、CEOの他にこのクラブを率いる者は誰一人とシテ見ないね」と苦言を呈した。