11日付の北朝鮮の各紙は、韓国の文在寅政権を非難する論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

朝鮮労働党機関紙・労働新聞の論評は、文政権が「共和国が米国の侵略脅威に対処して大陸間弾道ロケット装着用水爆の実験を断行したことを契機に、狂犬のようにのさばっている」と糾弾した。

また、「これは同族に対する極端な敵対感に染まり、外部勢力との共助で北侵戦争の導火線に火をつけようとあがく売国逆賊だけが強行できる好戦的妄動である」と非難した。

さらに、「米国が莫大な人的・物的損失を甘受しながらまで南朝鮮を守ってくれると思うなら、それは誤算である」と述べた。

内閣機関紙・民主朝鮮の論評は「南朝鮮当局は共和国の水爆実験の成功が持つ重大な意味とこんにちの情勢の推移をはっきりと見て、途方もない災難をもたらすたわいない対決妄動を中止しなければならない」と強調した。