フリーのジラルディーノがMLS入りか? モントリオール・インパクトのトレーニングに参加

写真拡大

▽パルマやミラン、フィオレンティーナなどで活躍した元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(35)が、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトのトレーニングに参加しているようだ。クラブ公式サイトが伝えた。

▽ジラルディーノは、ピアチェンツァの下部組織で育ち、エラス・ヴェローナやパルマで台頭。2005年にミランへと完全移籍した。ミランではスクデットこそ獲得できなかったものの、2006-07シーズンのチャンピオンズリーグ制覇に貢献。また、2008年のFIFAクラブ・ワールドカップも制していた。

▽その後、2008年にフィオレンティーナへと移籍。2012年1月にはジェノアへと移籍するも、ボローニャへのレンタル移籍を経験。2014年7月には中国スーパーリーグの広州恒大へと加入した。その後はフィオレンティーナへのレンタル移籍や、パレルモ、エンポリ、ペスカーラでプレー。昨シーズン限りでペスカーラを退団し、現在はフリーとなっている。セリエA通算514試合出場188ゴール、昨シーズンは17試合に出場もノーゴールに終わっていた。

▽また、イタリア代表としても2004年からプレーし、57試合に出場して19ゴールを記録。2006年のドイツ・ワールドカップ優勝にも貢献していた。

▽ジラルディーノは、モントリオール・インパクトへの加入を前提にトレーニングに参加しているとのこと。今週からトレーニングをスタートさせた。モントリオール・インパクトは、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバも過去に在籍していた。