ポチェッティーノ、ケインを「トッテナムのバティストゥータ」と絶賛

写真拡大

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、エースであるイングランド代表FWハリー・ケインの姿を元アルゼンチン代表FWのガブリエル・バティストゥータ氏にだぶらせた。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。

▽バティストゥータ氏は、1988年から2005年まで屈指のフィニッシャーとして活躍した名プレーヤー。かつて「ゴールがあるから蹴るのではない。俺が蹴るからゴールがあるんだ」などの名言を残した伝説的なストライカーの1人だ。

▽ポチェッティーノ監督は、9日に行われたプレミアリーグ第4節のエバートン戦で2得点を挙げ、トッテナムでの通算得点数を「101」に伸ばしたケインに言及。バティストゥータ氏を引き合いに出して、次のように絶賛した。

「バティストゥータは殺し屋。とても強いメンタリティや、力強いシュート、素晴らしいプロフェッショナルの持ち主だった。私の元にもバティストゥータがいる。ハリー・ケインだ」

「でも、ハリーはもっと良くなれる。彼も殺し屋だ。昨年のゴール数を見てくれ! メンタリティのレベルは同じだね。彼らは少し違ったキャラクターの持ち主だが、同じレベルにある」