喫煙で肺細胞が変化、がん化する下地が形成か 米国の研究チームが発表

ざっくり言うと

  • 11日、喫煙による肺細胞の変化について米国の研究チームが発表した
  • 肺細胞の変化によって、がん化する下地が形成される恐れがあるとの研究結果
  • がんの発生率を高めるほど蓄積されるまでには10カ月を要するという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング