中国に向かう可能性が囁かれている

写真拡大

バイエルン・ミュンヘンのシーズン序盤は騒然としている。
ロベルト・レバンドフスキがクラブの補強政策に疑問を呈した事に対して、クラブのOBであるエッフェンベルクが「満足していないなら出ていくべき」と苦言を呈した。
さらに9日土曜日に行われたアウェーのホッフェンハイム戦に2-0で敗れたバイエルンはブンデスリーガで6位に沈んでいる。そして今度はイタリア人指揮官、カルロ・アンチェロッティの噂がクラブの平静を破った。

アンチェロッティに関する噂を広めたのはバイエルン・ミュンヘンの元選手、マリオ・バスラーだった。彼は『Sport1』のインタビューでイタリア人指揮官が中国スーパーリーグに去る意向を持つ可能性があると明かした。
「アンチェロッティが中国のクラブと事前合意に達したと聞いた。彼は向こうのシーズンが始まる1月にバイエルンを去るかもしれない。」

現在、ロートヴァイス・エッセンの指揮官を務める彼はその噂の信憑性を保証はしなかったが、このように語った。「私はそれを100%確証する事はできないが、私の情報源は信頼できる。必ず起こるというものではないが、広まっている噂だ。」