メッシがピアニストデビュー!? CLアンセムの演奏動画で鮮やかな“手さばき”を披露

写真拡大

「創造するためにここにいる」…私服姿でメッシがピアノの前で躍動

 欧州最高峰の戦い、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)が12日から開幕する。

 メインキャストの一人として注目されるのは、もちろんバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだが、CLと言えば思い出す「あの曲を弾いてみた」に挑戦して話題になっている。

 メッシが登場したのは自身が契約するメーカー、アディダスの公式ツイッター。「誰もが興奮するUEFAチャンピオンズリーグ。リオネル・メッシは『創造するためにここにいる』」と「#HereToCreate」のハッシュタグ付きでユニークな動画が投稿されている。

 映像のメッシは、いつも躍動するピッチ上ではなく、私服姿でなぜかピアノの前に座っていた。すると、どこかで聞いたことがあるような旋律が流れてくる。それはCLが始まる前に流れる「チャンピオンズリーグ・アンセム」の一節だ。

試合中に見せるドリブル突破に比べるとややゆっくりとした弾き方だが、終盤に近づくほど鮮やかな手さばきを披露。最後の「♪チャーンピオーンズ!」を弾き終えた瞬間、“ピアニスト・メッシ”は周囲から大きな拍手を受けていた。

メッシは計4度のCL制覇、5度の得点王と10年以上同大会の主役であり続けた。30歳として迎える今季もお馴染みのアンセムを聞いて登場し、各国を代表するクラブを相手に得点を量産するはずだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】アディダスが公式ツイッターで紹介した“ピアニスト・メッシ”の鮮やかな手さばき

https://twitter.com/adidasfootball/status/907244011135651840

アディダスが公式ツイッターで紹介した“ピアニスト・メッシ”の鮮やかな手さばき