幼い娘の口元にビールを!(画像は『Metro 2017年9月9日付「Toddler ‘forced to drink beer and smoke weed by laughing parents’」(Picture: CEN)』のスクリーンショット)

写真拡大

「ジョーク」のつもりでやったことでもさすがに限度が過ぎたようだ。このほどアルゼンチンに住む10代両親が、まだ幼い我が子にタバコやビールを勧めている様子を撮影した動画がSNSで拡散され、猛批判を浴びている。『The Independent』『Metro』などのメディアが伝えた。

【この記事の動画を見る】

アルゼンチン北部にあるフォルモーサからショッキングな映像がSNSで拡散された。3歳ぐらいと思われる女児が座り込んでいるそばで、17歳の母親と18歳の父親があろうことか女児にタバコやビールを勧めている姿がカメラに捉えられた。

動画で女児は頭を揺らしており、すでに泥酔しているかのような状態で時に倒れそうになっている。そこへ笑い声とともに母親らしき女が女児にタバコを勧めており、口にしないとわかると今度はビールを飲むように話しかけているようだ。

このニュースを報じた各メディアでは、動画の状況から「目に見えて女児は酔っている」という解釈をしているが、疲れて居眠りをしているように見えなくもない。いずれにせよ、幼い子供の前で酒やタバコを目の前に突き出す行為は親として許されるべきことではない。

この両親は動画がSNSで拡散されたのをきっかけに逮捕された。しかし「ジョークで撮影しただけ」「アルコールやタバコを実際に与えているわけではない」と話しているという。この親が大麻を吸わせようとしていたという情報もあり、警察は少年事件専門の検察当局と児童省事務局スタッフらと連携して女児を保護した。

母親は17歳であることから、今後は少年法に基づく裁きが行われる予定であるが、父親の処罰に関する情報は公開されていない。保護された女児は、一時的に祖母のもとにいるそうだ。

この動画を見た人々からは「親になる資格なんてないね。かわいそうに」「親? 確かに子供を産むことはできただろうけど、親と呼べるかどうかはまた別の話だろう」「こういう親とも呼べない馬鹿親によって、子供が将来傷つくことになる」「まともに教育を受けていない若い子が親になるとロクなことないね」「悲し過ぎる。ペットだってもうちょっとマシに扱われるよ」といった怒りの声があがっている。

なお2015年にも、スペイン在住の当時18歳の母親が1歳娘の喫煙写真をSNSに投稿し批判が殺到した。

画像は『Metro 2017年9月9日付「Toddler ‘forced to drink beer and smoke weed by laughing parents’」(Picture: CEN)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)