返還された墓誌(国外所在文化財財団提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文化財密売団により1998年に日本に不法に持ち出された15世紀の墓誌が韓国に返還された。国外所在文化財財団が12日、明らかにした。

 墓誌は、朝鮮王朝時代前期の全羅道を代表する人物、李先斉(イ・ソンジェ、1390〜1453)の墓から盗まれ日本に持ち出された。先月24日に韓国に返され、日本の所有者の意思により、同財団が国立中央博物館に寄贈した。