マーク・ウェブ監督「映画を好きな理由の根本に返ったような作品」『gifted/ギフテッド』予告編

写真拡大

 11月23日に公開される映画『gifted/ギフテッド』 より、予告編が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督が手がけたヒューマンドラマ。 フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男フランクは幸せな生活を送っていたが、メアリーの天才的な才能が明らかになることでその生活は揺らぎはじめ……。

 主人公フランクを『キャプテン・アメリカ』シリーズのクリス・エヴァンス、メアリーを新星マッケナ・グレイスが演じるほか、ジェニー・スレイト、リンゼイ・ダンカン、オクタヴィア・スペンサーがキャストに名を連ねた。

 このたび公開された予告編では、メアリーとフランクのあべこべで微笑ましいやりとりや、高度な計算能力を持つメアリーの特別な才能が明らかになる様子などが映し出されている。

 ウェブ監督は本作の脚本に出会ったときを振り返り、「シンプルで温かみがあって、エネルギーを感じさせる内容だった。長い年月、大作に取り組んでいたから、私が映画を好きな理由の根本に返ったような作品、つまり登場人物の心情を深く描いたものを求めていた。今度は、フランクとメアリーの2人と過ごしてみたいと思ったんだ」とコメントを寄せている。(リアルサウンド編集部)