古畑星夏、綾野剛主演ドラマ『コウノドリ』新レギュラーに 「演じていて嘘のないようにしたい」

写真拡大

 10月13日にスタートするTBS金曜ドラマ『コウノドリ』に、古畑星夏がレギュラー出演することが決定した。

参考:佐々木蔵之介、ドラマ『コウノドリ』で綾野剛と初共演へ 綾野「ご一緒出来るのがすごく光栄」

 同ドラマは、講談社『モーニング』で現在も連載中の鈴ノ木ユウの同名漫画を原作に、産科医療の現場をリアルに描き好評を博した、2015年10月期に放送されたヒューマン医療ドラマの新シリーズ。前作に引き続き、産婦人科医と天才ピアニストの2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラを綾野剛が演じるほか、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋らオリジナルメンバーが集結した。

 新レギュラーとしての出演が決定した古畑が演じるのは、ペルソナ総合医療センターのNICU(新生児集中治療室)で働く4年目の看護師・麻生理佐子。日々、赤ん坊に寄り添いながら、その両親の気持ちを汲み取ることをモットーに働いており、性格は優しいが、勝気なところもあるという役どころだ。

 自身初の看護師役に挑む古畑と、古畑とは『逃げるは恥だが役に立つ』でもタッグを組んだ峠田浩プロデューサーからコメントが寄せられている。

【古畑星夏 コメント】NICUという新生児の集中治療室で務める看護師さん役をいただきました。看護師役もNICUという場所も初めてで、役をいただいてからいろいろ勉強させていただいたのですが、ものすごくやりがいを感じ、ありがたいなと思いました。今回の役作りの参考に帝王切開のドキュメンタリーDVDを頂いて見たのですが…赤ちゃんが生まれる瞬間を初めて自分の目で見て、なんて神秘的なんだろう、お母さん、赤ちゃんって強いなと物凄く感動しました。NICUではさまざまな事情と闘う赤ちゃんをお預かりしています。お母さんよりも多い時間をその子と過ごすことになるので、その責任を感じながら、演じていて嘘のないようにしたいです。命に関わるお仕事で、向き合っていく上で大変な事もあると思いますが、とても興味がある分野なので撮影がものすごく楽しみです!

【プロデューサー・峠田浩コメント】古畑さんが演じるのは、NICU(新生児集中治療室)の看護師・麻生理佐子です。前回のシリーズでは、NICUで一番赤ちゃんと寄り添い続ける看護師さんを描ききれなかったことがあり、今回はどうしてもそこを描きたくて、新たに作った役です。古畑さんとは、『逃げ恥』でご一緒したんですが、すごく落ち着きがあり、その優しい目がとても印象に残っていました。NICUでは、幸せな出来事があれば厳しい現実とも向き合います。そのたくさんの喜びや悲しみや憂いなどをその目で表現していただきたいと思ってこの役をお願いしました。古畑さんは、実際の病院に行き、実際の看護師さんたちの話もたくさん取材してくれました。古畑さんが麻生という役を通して、様々な現実と向き合う中で、どのような感情や表情を見せてくれるのか、本当に楽しみです。

(リアルサウンド編集部)