山下達郎、福山雅治、スキマスイッチ……J-POPの魅力を再認識できる新作

写真拡大

 あらゆるジャンルの音楽性を飲み込みながら、常に時代の空気を映し出してきたJ-POP。世界の潮流とは違うところで独自の進化を遂げてきたJ-POPは、ときにガラパゴス化と揶揄されながらも、いまも素晴らしい楽曲を生み出し続けている。そこで今回は、普遍的なパワーを持ったバラードから90年代リバイバルを体感できるコンピまで、J-POPの魅力を再認識できる新作を紹介したい。

(関連:山下達郎『COME ALONG』は今こそ有効? シリーズ最新作が伝えた“ラジオ”の強み

■山下達郎『REBORN』

 山下達郎の通算50作目となるシングル『REBORN』は、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』主題歌として制作された。映画のなかで“時代を越えて歌い継がれている”と設定されている楽曲(劇中では門脇麦が演じる天才シンガー“セリ”が歌唱)を具現化、劇中歌として成立させたうえで、山下達郎自身がエンドロールで歌う。それは彼自身が「(これまで担当してきた映画の主題歌の中でも)一・二を争う難しい注文でした」とコメントするほどのハードルだったわけだが、美しく壮大なサウンドデザイン、人生の機微を掬い取るようなメロディ、“人はどこから来てどこへ向かうのか”という根源的なテーマと向き合った歌詞が共存するこの曲は、既に普遍的な力をまとっている。カップリングには門脇麦の歌唱による「REBORN -Vocals by セリ(門脇麦)-」を収録。この先ずっと歌い継がれ、多くシンガーによってカバーされるであろう、J-POPの新たな名曲が誕生したと言い切りたい。

■福山雅治『聖域』

 前作『I am a HERO』(2015年8月)以来、約2年ぶりとなる福山雅治の32thシングル『聖域』の表題曲は、ガットギター、バンジョーの生々しい響きを前面に押し出したサウンドメイク、そして、自らの心のなかにある誰にも触れてほしくない部分(=聖域)をモチーフにした歌がひとつになったナンバー。この楽曲は福山自身の音楽的なイメージをさらに広げるとともに、J-POPというジャンルが持つ懐の深さを改めて示していると思う。カップリングにはカントリーの要素を取り入れた「jazzとHepburnと君と」、ジョニー・デップとの共演で話題となったCMソング「Humbucker vs .Single-Coil」のほか、【初回限定盤 Music Clip DVD 弾き語り音源付】には「聖域」ライナーノーツトークを収録(「聖域」でギターバンジョーを使用した意図、ドラマ『黒革の手帳』(テレビ朝日系)のスタッフサイドから“ロック的なエッセンスで”とオファーされたことなどを解説)。CD商品としての価値を高めるための施策も興味深い。

■スキマスイッチ『ミスターカイト / リチェルカ』

 Mr.Children、槇原敬之、CHAGE and ASKAなどの王道J-POPをルーツに持つと同時に、AOR、ソフトロックなどのディープなリスナーでもあるスキマスイッチ・大橋卓弥と常田真太郎。通算25作目となる今回のニューシングル『ミスターカイト / リチェルカ』にも、ポップとマニアを共存させた彼らの特徴がはっきりと表れている。「ミスターカイト」はフォーク的なメロディから現代的なエレクトロ・ロックへと一気に以降するアッパーチューン。“向かい風を受けて空高く上がる”凧をテーマにした歌詞も心に残る。そして「リチェルカ」は「アーセンの憂鬱」「ゴールデンタイムラバー」の系譜にある、ファンクロック系のナンバー。緻密に構築されたアレンジ、凄腕ミュージシャンたちによる高揚感溢れるグルーヴ、激しく起伏に富んだメロディラインが共存するこの曲は、既にライブでも大きな反響を集めている。デビュー以来、J-POPの可能性を広げ続けている彼らはいま、何度目かの充実期に突入しつつあるようだ。

■V.A.『エース2』

 小西康陽が“今クラブで回したい”“7インチのアナログ盤で出してほしい”という基準でセレクトしたコンピ盤『エース2』。川本真琴の「愛の才能」、真心ブラザーズの「ENDLESS SUMMER NUDE」といったヒット曲のほか、Oh! Penelopeの「Let’s Fly The Ad-Balloon」、木原さとみ(ex.東京パフォーマンスドール)の「カーニヴァル」(カーディガンズのカバー)など知る人ぞ知る名曲も収録。90年代J-POPのクオリティの高さを再認識できる作品に仕上がっている。真心ブラザーズ『サマーヌード/ENDLESS SUMMER NUDE』の限定7インチ・シングルが発売され、本作『エース2』の発売記念パーティ(9月15日/タワーレコード渋谷店)に渡辺満里奈が出演(!)するなど、90年代リバイバルに関連するアイテム、イベントにも注目してほしい。

■藤井隆『light showers』

 藤井隆が超一級のポップス・フリークであることは周知の事実だが、彼がもっとも影響を受けたという90年代の音楽をテーマにした本作『light showers』によって、シンガー/アーティストとしての資質の高さは完全に証明されるだろう。プロデュースは、宇多田ヒカル、サカナクション、NONA REEVESの作品に関わってきたクリエイター・冨田謙。エレクトロ・ファンク的なサウンドがきらびやかな都会の夜を彩る「Dark Night」(作詞・作曲/堂島孝平)、近未来のソウルミュージックと称すべきポップチューン「くちばしは黄色」(作詞・作曲/シンリズム)、ニューウェイブ感溢れるダンスナンバー「踊りたい」(作詞・作曲/澤部渡(スカート))、レトロなエレクトロ・トラックと80年代ディスコティックを結び付けた「カサノバとエンジェル」(作詞・作曲/西寺郷太(NONA REEVES))など、現代のJ-POPシーンを代表するクリエイターによる優れた楽曲が楽しめる。(森朋之)