米デビュー戦で6度目の防衛に成功した井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

衝撃米デビュー戦、米メディアが「なんてショットなんだ」と震撼した「崇高の左フック」

 ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦で圧巻のTKO勝ちを収めたが、米メディアは地元のアントニオ・ニエベス(米国)を悶絶させたショットを「なんてボディショットなんだ」「崇高な左フック」と称賛し、“衝撃TKO勝ち”の要因を分析している。

「この致命的なボディショットこそがナオヤ・イノウエがいかに優秀か示している」と特集したのは、米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース・アンド・ビューズ」だ。

「モンスター」の異名を持つ井上の強さが集約されたという一撃は5回に火を吹いた。

 井上の強烈なコンビネーションに後退するばかりのニエベス。そして、ロープ際に追い詰めた井上は、強烈な左フックをニエベスのボディに見舞った。

 一瞬耐えたかに見えたニエベスだったが、リング中央で苦悶の表情で膝を折り曲げながら、舌を出し、右手をマットに着けた。電光石火のキラーブローで文句なしのダウンを奪った。

「ナオヤ・イノウエはダテに“The Monster”と呼ばれる訳ではない」

 記事では、鮮やかなダウン劇について、こう評価した。

「最終的にナオヤ・イノウエは印象的な6回で相手を壊滅させたが、おそらく最高のパンチは5回の攻防で繰り出された。彼がこの崇高な左フックをボディに打ち付けた時に、だ」

 そして、「なんてボディショットなんだ」と驚きとともに称賛している。

「ナオヤ・イノウエはダテに“The Monster”と呼ばれる訳ではない。米国デビュー戦の相手は苦悶の苦痛とともに思い知った」とも報じられ、井上が与えた衝撃の要因を分析していた。

 全米を震撼させた崇高な左フック。アメリカに対する名刺替わりの一発となり、「ナオヤ・イノウエ」の名は一夜にして世界中に広まった。