古畑星夏が金曜ドラマ「コウノドリ」に出演

写真拡大

ファッション誌「ViVi」の新専属モデルに加入することが発表されたばかりの古畑星夏が、10月13日(金)スタートの金曜ドラマ「コウノドリ」(TBS系)に出演することが明らかとなった。古畑は自身初の看護師役に挑戦する。

【写真を見る】古畑星夏の看護師姿が初解禁

「コウノドリ」は、2015年に放送された同作の続編となる新シリーズで、前作に続き主人公・鴻鳥サクラを綾野剛が演じる他、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋らが登場。

古畑が演じるのは、ペルソナ総合医療センターのNICU(新生児集中治療室)で働く4年目の看護師・麻生理佐子。日々、赤ちゃんに寄り添いながら、その両親の気持ちをくみ取ることをモットーに働いている。優しいが、勝気なところもあるという役どころだ。

古畑は「NICUという新生児の集中治療室で務める看護師さん役をいただきました。看護師役もNICUという場所も初めてで、役をいただいてからいろいろ勉強させていただいたのですが、ものすごくやりがいを感じ、ありがたいなと思いました」と大役への思いを明かす。

さらに「今回の役作りの参考に帝王切開のドキュメンタリーDVDを頂いて見たのですが…赤ちゃんが生まれる瞬間を初めて自分の目で見て、なんて神秘的なんだろう、お母さん、赤ちゃんって強いなとものすごく感動しました」と役作りへの研究にも余念がない。

「NICUではさまざま事情と闘う赤ちゃんをお預かりしています。お母さんよりも多い時間をその子と過ごすことになるので、その責任を感じながら、演じていてうそのないようにしたいです。命に関わるお仕事で、向き合って行く上で大変なこともあると思いますが、とても興味がある分野なので撮影がものすごく楽しみです!」と意気込みを語っている。