photo by Derks24 via pixabay(CC0 Public Domain)

写真拡大

 映画やドラマなど、世界の動画配信売上高および契約数が拡大している。総務省の「平成28年版 情報通信白書」によると、世界の動画配信の契約数は、2013年の1億3600万人から、2015年に2億3600万人へとほぼ倍増した。2019年の世界動画配信契約数は3億5100万人と予測されている。

 動画配信サービスの世界トップ企業であるNetflixは、1997年に創業。本社は、米カリフォルニア州ロスガトスにある。Netflixは、世界有数のインターネットエンターテイメントサービスであり、190カ国以上に1億400万人の会員がおり、オリジナルのシリーズ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日当たり1億2500万時間以上のテレビ番組や映画を提供している。

 Netflix の注力分野は映画とドラマである。Netflixは、”a do-everything brand”(何でも屋のブランド)ではなく、”a focused passion brand”(焦点を絞った情熱のブランド)であるとしている。

 また、Netflixは、他の企業がうまくいく素晴らしいビジネスモデルであるペイパービューや無料の広告サポートコンテンツは提供していない。また、ニュース、ユーザー生成コンテンツ、スポーツ、ポルノ、ミュージックビデオ、ゲーム、リアリティー番組(注;孤島でのサバイバルや旅、デートの密着ルポなど、視聴者参加型の脚本のない番組)などのあらゆるタイプのビデオをストリーミングする一般的な「ビデオ」企業でもない。

 Netflixは、あくまでも映画やテレビシリーズのエンターテイメントネットワークなのである。(参照:Netflix Focus)

◆米国の映画業界と映画館の最新動向

 このようなビジネスモデルのNetflixが拡大してくると、動画配信サービスの主なコンテンツのひとつである映画市場にネガティブな影響を及ぼすのではないかと思われるが、実態はどうなのであろうか?

 ハリウッドのメジャー・スタジオなどをメンバーとする米国映画産業の業界団体である「アメリカ映画協会(Motion Picture Association of America, MPAA)」のレポート ”Theatrical Market Statistics 2016“によると、このレポートが作成された時点では、Netflixなどの動画配信サービスによる米国映画市場の大きな落ち込みは見られていない。

 2016年、世界の各国で公開されたすべての映画のワールドワイドの映画興行収入は386億ドルに達し、2015年から1%増加した。米国・カナダの映画興行収入は114億米ドルで2%増、米国・カナダ以外の地域の映画興行収入は272億米ドルで1%増となり、2016年のドル高や中国の成長減速にもかかわらず、2015年に比べて堅調に推移している。

 米国では、映画館は、アメリカンフットボールやメジャーリーグの観戦、ディズニーランド入場などと比較して、安価なものと評価されており、マクロ的な視点からは、Netflixなどの動画配信サービスによる大きな落ち込みは、今のところ見られない。

◆全米第二位の映画館チェーンの動向は?

 AMCシアターズ (AMC Theatres) は、AMC Entertainment Inc. 社が運営する、北米で2番目に大きな映画館チェーンである。AMCはニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、フィラデルフィア、サンフランシスコ、アトランタ、ダラスなどで1位か2位を獲得するなど、全米で最も収益の高い映画館を展開している。

 同社のプレゼン資料によれば、映画館の市場は巨大で安定的であり、コンサート、スキー、アメリカンフットボール、テーマパーク、メジャーリーグなどの他のエンターテイメントと比較して、消費者に対する映画の価格優位性があると記されている。(参照:「June 2017 Investor Presentation」)

 また、AMCは映画館業界の革新を推進し、リクライニングシートへのリニューアル、食事や飲み物のメニューの充実(フルコースの食事とアルコールの提供など)、映像・音響の向上(リアルなサウンドが館内を満たすドルビーシネマなど)により快適で便利な映画館の提供に向けた取り組みを続けている。

 投資家向けプレゼン資料には、リスクとして、動画配信サービスとの競合に関する記述があるのかと想定していたが、そのような記述は見られなかった。

 米国で、動画配信サービスの隆盛の一方で、映画館の衰退が見られるのかと想定していたが、ここまでの文献リサーチの結果、そこまで大きな変化を見ることはできなかった。動画配信サービスの影響は、今までのところ、DVDのセル・レンタル市場の衰退に関係しているのに留まるのかもしれない。ただ、今後の動向を注視していく必要はあるだろう。

<文/丹羽唯一朗 photo by Derks24 via pixabay(CC0 Public Domain)>