誕生日や結婚記念日など、男性から女性に贈られることが多いジュエリー。しかし、ジュエリーショップに入店することに抵抗を感じる男性が多かったり、女性も男性のジュエリー選びのセンスに不安を感じていたりするなど、双方にとって「ジュエリー選び」は課題が多いのでは?

やっぱり「ここぞ」というときはジュエリー!?

プラチナ・ギルド・インターナショナル株式会社が、「ジュエリーを贈った/贈られた(※婚約指輪、結婚指輪を除く)」経験がある、恋人がいる未婚男女250名と既婚男女250名を対象に調査を行なったところ、ジュエリー(※婚約指輪、結婚指輪を除く)をパートナーに贈った、あるいはもらった個数は、未婚男女では平均「2.9個」。また、既婚男女が結婚後パートナーから贈った/もらったジュエリーの数は平均「2.5個」という結果に。
贈った/もらったジュエリーの種類については、未婚男女の1位は「ネックレス・チョーカー」(69%)、既婚男女の1位は「リング」(74%)となりました。

特別な日にはジュエリーを贈る男性が多いことがわかります。

さらに、女性がジュエリーをもらったシチュエーションとしては、1位が「誕生日」(69%)、2位に「季節のイベント(クリスマスなど)」「2人の記念日(結婚記念日、交際記念日など)」(各48%)が続きました。
定番のシチュエーションですが、「ここぞ!」というときにはジュエリーを贈る男性が多いということが再確認できる結果ですね。

6割の男性が「ジュエリー選びに自信ナシ」

6割の男性がジュエリー迷子に……。

しかし、その一方で「ジュエリー選び」に不安を感じる男性も多いよう。「自分のジュエリー選びのセンスに自信がない」と感じる人は6割(60%)。「自信がない」と答えた理由については、

「ルビー、サファイアなど名前は何となく知っているが、色以外何が違うのかわからない。自分だったら、ガラス細工をもらっても気づかないと思う」(27歳・未婚・交際歴2年)
「ジュエリーの価値がわからない」(38歳・既婚・結婚歴2年)

など、ジュエリーになじみが薄いため、その種類や価値が分からないことへの不安がうかがえます。

お店の人に聞けばいいのに……とも思ってしまいますが、同調査によると、そもそも「ジュエリーショップに入りづらい」と思う男性は55%。さらに「ショップスタッフにジュエリー選びに関するアドバイスをきくのが恥ずかしい」という人も約4割(38%)いて、男性が<ジュエリー迷子>に陥る一因として、ジュエリーショップへの入店やお店での立ち居振る舞いに自信がないことも挙げられます。

女性の約7割が「パートナーが趣味を分かっているか不安」

「男性のジュエリー選び」について女性にも聞いたところ、約7割が「パートナーが自分のジュエリーの趣味を分かっているのか不安である」(68%)と回答しています。

日頃から欲しいものを伝えておくべき!?

さらに、「もらったジュエリーのデザインに不満を感じた経験がある」という人も4割超(42%)という結果に。
どんな点が不満だったのかは……

「華奢な感じのアクセサリーが好きでいつも着けているのに、全く違う感じのネックレスをもらって全然分かってくれていないことにがっかり」(27歳・既婚・結婚歴1年)
「素材がチープで子どもっぽい大きいハートのデザイン」(25歳・未婚・交際歴2年)

女性の趣味に合っていなかったり、安っぽい素材でふだんのファッションに合わせることができなかったりする点が課題になっているようです。さらに、「もらった後一度も着けていないジュエリーがある」と答えた女性も約4人に1人(27%)。
男性にとってはシビアな意見かもしれませんが、「ジュエリー選び」に関する本音がわかる調査結果となりました。

彼が自分の好みにぴったりのジュエリーを選んできてくれたときの喜びはひとしおですが、好みでないデザインでも、サプライズで用意してくれた気持ちは嬉しいものですよね。お互いにがっかりしないためにも、日頃から好みを共有したり、欲しいものを伝えておく努力も必要なのではないでしょうか。

結婚指輪、婚約指輪は女性も一緒に選ぶケースが多いから、失敗は少な目。

【参考】※ プラチナ・ギルド・インターナショナル株式会社