えっ座れるの?“切り株”リュックは大人も座れる頑丈さ

写真拡大 (全6枚)

「カンケンバッグ」で一躍人気となったスウェーデン王室御用達アウトドアブランド、FJALLRAVEN (フェールラーベン) から、なんともユニークなバックパック「Stubben(スタッベン)」が発売されることになりました。

「Stubben(スタッベン)」とは、スウェーデン語で “切り株” を意味する言葉。森や山で切り株に腰掛けることをイメージして作られています。そんなこと言っても、バックパックに大人が腰掛けたら潰れるでしょ?と思ったアナタ、違うんです。

「Stubben」は、その内部に強度の高いフレームを入れているので大人が座っても大丈夫! 約50cmの高さも大人が腰掛けやすいように設計されているのです。しかもフラップの内側にはしっかりした厚手のパッドを配しているので、座り心地もバッチリです!

もちろん座れるだけでなく、使い勝手も抜群です。大きなメインコンパートメントはサイドからアクセス可能。本体とフラップにはマチ付きの外ポケットもついているので、座ったままでも荷物を出しやすい設計です。

さらに収納式のレインカバーは「Stubben」の名前にふさわしい切り株柄! これは悪天候時だけでなく、座るときにも出したくなっちゃうユニークさです。

容量は27L。日帰りから1泊くらいまでの小旅行にピッタリのサイズです。カラーはダークオリーブ。価格は3万7800円です。元々ハンティング用に作られたというこの「Stubben」。もちろんハンティングでなくとも使えます!

>> FJALLRAVEN (フェールラーベン)

 

(文/&GP編集部)