8日、9300キロ離れたドイツから韓国にあるドローン(小型無人機)を操縦する実験に、韓国企業が世界で初めて成功した。資料写真。

写真拡大

2017年9月8日、9300キロ離れたドイツから韓国にあるドローン(小型無人機)を操縦する実験に、韓国企業が世界で初めて成功した。韓国・聯合ニュースが伝えた。

韓国の産業用ドローン開発会社「HOGREEN AIR」は8日、ドイツと韓国の間で携帯電話の通信規格であるLTEネットワークを用いたドローンの操縦デモンストレーションを行い、ドイツ・ボン大学にいる研究チームの操縦により韓国・光州(クァンジュ)でドローンを飛ばすことに成功した。

同社によると、ドイツの通信事情の悪さからテレビ電話は頻繁に切れたものの、ドローンの操縦には支障なく、飛行中にドローンが撮影した映像がリアルタイムでドイツチームのスマートフォンに送信され、コントロールすることができたという。

LTEネットワークを用いたドローン操縦の事例はこれまで韓国国内ではあったが、今回のように遠く離れた海外から操縦して成功した例は世界にもないという。

同社のホン・ソンホ代表は、「今回の試験でLTEドローンの安定性が立証された」とし、「商用化のために15日から3億ウォン(約2900万円)を目標にクラウドファンディングを開始する計画」と明かした。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「遠からずドローンを武器化して、地球の反対側で暗殺が起こるかも」「こうなると自爆ドローン爆弾攻撃も可能だ」「ドローンを使ったテロが心配」「恐ろしいことだ。米国にいても、ヨーロッパのどこでも爆弾を積んだドローンで爆撃できる」「偉大な業績なのに、なぜか将来に不安を感じる」など、ドローンを使ったテロへの懸念の声が多く寄せられた。

その一方で、「夢のような技術がどんどん現実になっていく」と、技術の進歩に好意的な意見もみられた。(翻訳・編集/三田)