【ルー&煮込みもいりません!】「ずぼらビーフストロガノフ」でお弁当ランクアップ♪

写真拡大 (全5枚)

手を抜きたいときに便利な「ズボラビーフストロガノフ」


料理は好きだし、家族のために美味しいごはんを作ってあげたいけれど、毎日だと疲れてしまいますね。たまには手を抜きたくなるとき、ありませんか?そんなときに便利なのが、ビーフストロガノフ。ビーフカレーほど煮込む時間が必要なく、サッと作れるビーフストロガノフは実は、お弁当にも便利なんです。今回は、朝でもサッと作れ、ルーも煮込みもいらない「ズボラビーフストロガノフ」のレシピをお届け♪

レシピのポイントをチェック!


ズボラストロガノフ お弁当にも♪


ズボラストロガノフ お弁当にも♪

by tanta

高校生の時お弁当にヘビロテで投入してたメニュー。材料も味付けも適当で大丈夫。絶対おいしくできる!

最後の隠し味が美味しさの決め手


玉ねぎは薄切り、豚こま肉は適当な大きさにちぎり、塩とコショウをふり、小麦粉をまぶしておきます。


フライパンに油を引いて熱し、玉ねぎを炒めます。しんなりしてきたら玉ねぎを端によせ、豚こま肉を炒めましょう。


肉に火が通ったら酒を回し入れ、ケチャップとソースを投入。仕上げにコーヒーフレッシュを入れます。これで出来上がり♪


いかがですか?メチャクチャ簡単だけど、美味しさ抜群の「ズボラビーフストロガノフ」。お弁当を開けたときの、家族の喜ぶ顔が見えるようですね。「今日のお弁当最高だったよ」なんてお褒めの言葉をもらえるかも! (TEXT:森智子)

「お弁当」の基本ルール


水分が少ないおかずを選ぶ
おかずの味つけは濃いめにする
おかずは十分に加熱調理する
作りおきおかずは、詰める前にレンジで再加熱&冷ましておく
おかずやご飯は、しっかり冷ましてから詰める
素手ではなく、清潔な箸やスプーンで詰める
持ち歩く際は、保冷剤や保冷バッグを利用する