ワシントン条約で、絶滅の恐れがあるとして国際取引が規制されている動物を輸入しようとしたとして、県警生活経済課は11日、関税法違反(無許可輸入)未遂の容疑で東京都葛飾区東水元の無職、又来晃容疑者(54)を逮捕した。

 調べに対し、「持ってきたことは間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、4月7日、タイのドンムアン国際空港から、サルの仲間のレッサースローロリス4匹を日本へ密輸しようとした疑い。警戒中の成田国際空港の税関職員が、又来容疑者のコルセットの下から4匹を発見した。同課によると、又来容疑者は、平成19年9月〜今年8月の間、タイへ91回渡航していた。又来容疑者は「ペットとして自分で飼うため」と供述しているが、同容疑者が転売目的で犯行に及んでいたとみて、同課で余罪などを詳しく調べている。