総社市役所に同市のキャラクター「チュッピー」あての暑中見舞いはがきが400通近くも届き、市庁舎内に“巨大チュッピー”をかたどって一斉展示されている。

 15日まで。

 元来は日本郵便中国支社の「ご当地キャラに暑中見舞いを書こう!」と題した企画。あて先となるキャラクターが中国地方各県ごと1体ずつ選ばれ、岡山県内からは昨年の「ゆるキャラグランプリ」の人気投票で全国3位に輝いたチュッピーが代表となった。

 チュッピーには計381通が届いたが、このうち296通が福島県から沖縄県までの県外から。

 「岡山に1度行ってみたくなりました」などの文章と、大部分に子供らが描いたチュッピーのイラストが入っている。

 同市では4メートル四方の紙にチュッピーの顔の輪郭を描き、その上にぎっしりはがきを並べて壁に飾った。

 片岡聡一市長は「手書きの文章のぬくもりを改めて感じる」などと見入っていた。

 同市では展示終了後、すべての差出人に返事を送る予定で、「チュッピーの好物は」「岡山のお勧め観光地は」など個別の質問にも応じるという。