日野町鎌掛の日野ダリア園で、直径約20〜30センチの大きなダリアが見頃を迎え、観光客たちは、園内に咲いた大輪の花を写真に収めるなどして楽しんでいた。

 同園では約1万平方メートルの敷地に150種類、約1万2千本のダリアを栽培。直径20〜30センチにもなる赤い花を咲かせる「必勝」や、直径10センチ程度の赤と白が混じった花を咲かせる「サンタクロース」など、さまざまな花を楽しむことができる。今月下旬には遅咲きの品種も咲きそろい、最盛期を迎えるという。

 大阪府茨木市から4人連れで同園を訪れた大谷富子さん(75)は「こんなに大きなダリアは見たことがない。遠くから来たかいがあった。上品な色合いの『愛の園』が特にきれいだった」と話していた。

 開園期間は10月末ごろまで。期間中は無休。入場料は中学生以上500円、小学生200円。問い合わせは日野ダリア園(電)0748・52・5651。