伊東駅から伊豆急行2100系「IIzukyu KINME Train」で伊豆急下田にむかいます

ラッキーなことに先頭展望車の運転士さんの直後のシート(海側)に座ることができました。しかし、2100系は先頭展望車では立ち上がって写真撮影が禁止なので前面展望は帰路に撮ることにします。

川奈駅と富戸駅の間で高い所から海を見下ろせます。

伊豆高原駅で、側線(伊豆高原電車区)に「THE ROYAL EXPRESS」が駐まっていました。

ここでも上りと列車交換で5分以上停まりました。ホームに降りて駅名標を撮影。駅名標の向こうに交換するJR東日本251系「スーパービュー踊り子号」が見えます。

2100系「Izukyu KINME Train」と「THE ROYAL EXPRESS」のツーショット。

伊豆急行線は海が見える区間は約半分。伊豆半島は山が海に迫っている場所が多いので必然的にトンネルも多いのです。「Izukyu KINME Train」の運転士さん直後のシートからの前面展望。

伊豆大川駅を過ぎると伊豆急行線からは海が良く見えます。

伊豆大川駅を出てちょっと。

伊豆北川駅を過ぎて。

片瀬白田駅を過ぎると、ぐっと低い海岸近くを走ります。台風の影響で波が高いです。

伊豆稲取駅で特急「踊り子」号と列車交換。

また海に近づいて。

河津駅を過ぎると、海側の土地を別の鉄道会社が買い占めてしまったために伊豆急行線は山側に入り込んで、蓮台寺駅を過ぎて伊豆急下田駅に着きます。伊東駅から76分でした。

伊豆急下田の櫛形ホームで隣には特急「踊り子」号。左奥には251系「スーパービュー踊り子号」も見えています。

今回は、ここまでです。次回「私鉄に乗ろう 17 伊豆急行線 その3 伊豆急下田駅〜稲梓駅」では、伊豆急行の8000系電車からしっかり前面展望を撮っています。

(写真・記事/住田至朗)