グループBはネイマール(右)を加えたパリSG、レバンドフスキ(左)らを擁するバイエルンの二強だ。(C)Getty Images

写真拡大

【ウィリアム・ヒル社によるCLグループBの勝ち抜けオッズ】
バイエルン(ドイツ):1.02
パリSG(フランス):1.02
セルティック(スコットランド):15.00
アンデルレヒト(ベルギー):21.00
 
 勝ち抜けオッズにも如実に出ている通り、優勝候補に推す声もあるバイエルンとパリSGが二強、セルティックとアンデルレヒトが二弱という構図が明確だ。
 
 組織力と経験ではバイエルンが上回る。充実した戦力はもちろん、CLを過去3度制覇した実績を持つカルロ・アンチェロッティ監督の経験値はやはり無視できず、この段階で姿を消す展開は想像しがたい。
 
 ネイマールとキリアン・エムバペの獲得で悲願の欧州制覇が夢でなくなったパリSGにとって、試金石となるのがホームにバイエルンを迎える第2戦だ。ここでドイツ王者を叩いて勢いに乗れば、首位での決勝トーナメント進出、そして鬼門のベスト8突破が見えてくるだろう。
 
 やや不気味なのが、セルティックだ。本拠地セルティック・パークでは過去に何度も番狂わせを演じ、昨シーズンもマンチェスター・Cをあと一歩のところまで追い詰めた(スコアは3-3)。勝ち抜けは厳しいとはいえ、バイエルンやパリSGから金星を挙げる可能性はある。
 
 タレント力でも実績でも劣るアンデルレヒトの苦戦は避けられないだろう。下馬評を覆すには、FWヘンリー・オニェクルやMFレアンデル・デンドンカーなど若手逸材の大ブレイクが不可欠だ。
 
【日程(左のチームがホーム)】
第1節:9月12日(火)
バイエルン × アンデルレヒト
セルティック × パリSG
 
第2節:9月27日(水)
パリSG × バイエルン
アンデルレヒト × セルティック
 
第3節:10月18日(水)
アンデルレヒト × パリSG
バイエルン × セルティック
 
第4節:10月31日(火)
パリSG × アンデルレヒト
セルティック × バイエルン
 
第5節:11月22日(水)
アンデルレヒト × バイエルン
パリSG × セルティック
 
第6節:12月5日(火)
バイエルン × パリSG
セルティック × アンデルレヒト
 
※『ワールドサッカーダイジェスト9月21日号』より加筆・修正