なんと!これだけでもシミが薄くなるとか

写真拡大

秋口になってくると、シミなどお肌の不調が気になり始めます。ぽつりとできてるのは、もしかしてイボ!?という悲劇も。「適切なケアをすれば大丈夫ですよ」と心強い助言をくれるのは、美容家の瀬戸口めぐみさん。なんと、〇〇へのマッサージがシミを目立たなくするそうです。早速チェックを!

【画像を見る】正座するだけで簡単マッサージに

 

■ 【保湿とマッサージでターンオーバーを回復】

秋口にシミが出てきた、肌が黒くなったと感じる人は、乾燥によってシミが濃く見えている可能性が。紫外線ストレスで乾燥した肌は肌内部の水分量が減るため、光の反射率が低くなり、肌が暗く見えがちに。逆に水分を補給すると光を反射して肌色が明るくなり、シミが薄く見えます。まずは、ボディミストや化粧水などで保湿して。水分をたっぷり与えれば、それが呼び水となって、肌への浸透力や保水力も上がってきます。また、そんなときはターンオーバーも滞りがちなので、マッサージも効果的。特に足の甲は体の巡りに関係するので、こまめにマッサージして。

 

●やってみよう!足の甲のマッサージ

1.足の甲をグッと伸ばす

立っているとき、足指を下側に曲げ、足の甲をグッと伸ばして。気づいたときにこまめにやるだけで効果大!

2.正座するだけで簡単マッサージ

実は正座は、足の甲を伸ばし、足の裏を走るリンパを絶妙に刺激できる姿勢。短時間でもいいマッサージに。

 

●お助けアイテム

「カレンドラマッサージオイル」髪や爪など全身にも 100ml 2,600円/ヴェレダ。 「ユズ&ミント」オーガニックのボディミスト 100ml 2,160円/フルーツルーツ

 

■ 【紫外線でイボができるって知ってた!? 】

角質層が膨らんで固まり、首元などにできるプツプツしたイボのようなものが「角質粒」。加齢によっても増えますが、紫外線の刺激によって若くてもできることが。紫外線により皮膚が光老化を起こし、皮膚がかたくなり角質粒になることがあるのです。ふだんからの紫外線ケアはもちろんのこと、角質粒を小さいうちに見つけ、ケアできるよう知っておきたいもの。

●お助けアイテム

角質粒を「薬用パック」で封じ込めてケア。日焼け後のほてりを防ぐ効果も。肌を洗浄したあと塗り、乾いたらゆっくり剥がす。ツブ・ナイトK 30g 2,839円/シェモア

これでもうシミもイボも怖くないっ! 秋の美肌への近道は、早め&適切なケアで決まり!!