英国の教育専門雑誌「タイムズ・ハイヤーエデュケーション(Times Higher Education)」が9月5日、世界大学のランキング(World University Ranking 2018年版)を発表し、一部で議論を呼んでいるようです。

 この島国では、この手の競争となるとすぐに「日本は何位?」となります。

 はたして、東京大学がトップで46位、次は京都大学で74位、その後は200位以下まで日本の大学は世界的なプレゼンス、存在感がゼロという結果になっており、「昨年の39位から7段階ダウン」などと報じられます。

 しかし、こんなものに一喜一憂したり、何位下がったから何を強化して何位上げようとか、そういう議論は愚かしいことだと思います。

 この種のランキングは、各種のスコアから計算された「総合点」で評価され、また英国の雑誌ですから英国の大学が世界のトップであるような重みつけを、この種の計算に潜ませる傾向は否めないでしょう。

 それでも、デファクトスタンダードを取ってしまえば、それまでです。スコアリングされる要素点としては

教育
研究
論文被引用数

産業収入
学生職員数比
留学生数

男女数費
国際性

 といった指標で、人数とか男女比といった直接カウントできる数字以外は、やはり様々な統計値が入っていて、実のところは中身がよく分かりません。それでも、上位の大学について、そのよく分からない指標を並べてみると(下の表)

 こうやって並べてみると、1桁の9大学は英米だけで占められ、10位になってやっとアインシュタインの母校、チューリヒ工科大学が出てきます。

  大して意味のない数字と記しましたが、例えば90点と60点では若干の差はあると認めておいた方が無難でしょう。のちほど、東京大学や京都大学の数字で30点とか20点台とかいう数字(100点満点)が出てきます。

 これを、99点といった数字を打ち出している大学と同一視するのは、さすがにあまりお勧めではありません。井の中のナントカ、といった謗りを免れないかもしれない。

 用心するのに越したことはない、といった観点から、以下の数字はざっくりと見ていくのが賢明な考え方と言えるでしょう。

 対岸の火事でも無責任なマスコミのあさってな論評でもなく、責任をもって大学外交に携わる当事者が、どうして日本の大学がダメと評価されるのか、その構造的な理由と、たぶん当分難しいであろう背景を、分かりやすくつぶさにお話しようというのが、本稿の趣旨であります

 上のトップテンを見て分かるように、大英帝国の名門大学は「国際性」において、米国の名門に大きく水をあけているのが分かると思います。

 つまり、国際性を重視すれば、1位、2位のオックスフォード/ケンブリッジは安泰ということになります。

 3位のカルテック、敬愛する物理学者ファインマンが終生教壇に立ったカリフォルニア工科大学の国際性は「59.7」ほとんど落第点です。

 逆に言うと、国際性がこれくらい低くても、ほかの点で圧倒的で、オックスフォードやケンブリッジがあきらかに凌駕されている項目があれば、カルテックのように第3位につけることができる。

 5位のMITは研究単体で評価すると9割ですが、論文被引用スコアは100.0、つまりパブリッシュの戦略がうまいわけです。

 トップ10を見て、もう1つお気づきになると思うのは 3位のカルテック、5位のMIT、10位のETHチューリヒ工大と、工科大学がベスト10の中で3位を占めていることです。

 さて、ここで、日本がどのように島国病で、どうしようもない勘違いに陥っているかを具体的にお示ししたいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「総合大学でなければダメである」という意味

 文部科学省には「スーパーグローバル大学創成支援事業」と呼ばれるプロジェクトがあります。

 いわば国際的な大学の連携、パートナーシップ形成のプロジェクトで、ホームページには「徹底した大学改革と国際化を断行し、わが国の高等教育の国際通用性、ひいては国際競争力強化の実現を図り、優れた能力を持つ人材を育成する環境基盤を整備する」と謳われています。

 東京大学は世界各国でトップ10程度の大学と戦略的グローバルパートナーシップを結ぶ、ということになっており、すでに7つは採択、あと3〜4程度の席をめぐって「準採択」その他の大学が位置づけられいます。

 実は私自身、この「準採択」大学の1つ、ドイツ連邦共和国バイエルンの州都にあるミュンヘン工科大学とのパートナーシップを担当する学術外交官として、ここ数年仕事をしており、9月もミュンヘンですり合わせが進む予定になっています。

 さて、ここで、守秘に抵触しない範囲で、島国病の現実をお話いたしましょう。いわく

 「いやしくも、東京大学は総合大学である。その戦略パートナーシップの相手は、総合大学であるべきであろう。ミュンヘン工大? 工科大学では役不足である、総合大学でないと・・・」

 どこの誰が言ったのか知りませんが、ともかく外事の現実を知らない人が4〜5年前(現体制になる以前から)のたまわった御託宣らしい。

 さて、そういう御仁に、今回のトップ10の中の3工科大学を挙げて、「東大はカリフォルニア工大を、MITやチューリヒ工大を工科大学だから、とパートナーシップに足りないとでも言うのですか?」と問えば、反論はできなくなってしまうでしょう。

 実際、チューリヒ工大とはパートナーシップを結んでいます。逆に言うと、東大は現在、EUの主要国との高等学術の紐帯が十全ではありません。

 チューリヒ工大はEUの真ん中にあいた穴、スイスの大学でケンブリッジとの関係を大切にしていました。しかしブレグジットで英国はいまや欧州連合外となり、東大とすれば広域通貨ユーロを擁する欧州連合の高等学術中枢との連携を少しでも強化するべく、私自身動いている最中です。これについてはここに記せることはまだ限られています。

 他日お話できることが増えればと思いつつ、議論を先に進めましょう。

 英国が有利になるこの採点方式で世界の大学をスコアリングすると、日本では東大が46位ですがアジアでも第6位で、シンガポール、中国、香港に及びません。

 同様に東アジアの大学について一部のスコアを並べてみると

                  総合点 教育 研究 論文引用 国際性

22位 シンガポール国立大                  82.8  77.4  88.2  81.3  95.8

27位 北京大学                          79.2  83.0  85.1  74.2  53.0

30位 北京清華大学                        79.0  80.2  93.2  71.4  41.0

40位 香港大学            75.1  68.8  77.9  74.2  99.5

44位 香港科技大学          72.7  55.2  68.4  93.1  83.4

46位 東京大学                          72.7  79.5  85.2  63.7  32.2

74位 京都大学                          64.9  71.8  78.0  50.9  28.2

74位 ソウル国立大学                       64.9  69.3  71.2  60.6  34.1

 一番右の国際性は分かりやすい指標で、シンガポールが高い国際性を誇るのに対して中国の巨大大学2つはせいぜい5割と内向きであることが分かります。

 東大が32点、京都は28点、ソウルですら34点で、日本は半島の韓国に及ばない島国ぶりであるのが、数字で確認できるでしょう。

 規模の小さなシンガポールが、大規模な教育より「山椒は小粒でもぴりりと辛い」研究に力が入っているのが分かりやすいように、各大学には戦略が見て取れます。

 中国はシンガポールより教育に重点がありますが、清華大学の研究水準はすでに世界トップ5に伍すところまで伸びています。北京大学の研究水準はすでに東大のレベルに追いつきつつある、

 こうした勢いを支えているのは、新興国の潤沢な資金です。毎年歳費を削られてカツカツの日本でリサーチはジリ貧状態の大学からすれば羨ましい限りです。

 さらに日本の大学は論文公刊戦略ばかりが重視される傾向を、一個人の私は批判的に見ているものの、この観点からしても中国はB裁定、日本は東大(63点)も京大(50点)もどうにか及第のC裁定でソウル大学に凌駕されつつあるのがよく分かります。

 どうしてこんなことになったのか、どのように対処していけばよいか、細かに書き始めれば、私もアカデミック・ディプロマットを始めて18年になりますので、いくらでも言えることはありますが、ここでは端的に

 「ローカルに自足した島国根性が停滞と衰退をもたらす」

 という一般論だけを記しておきたいとおもいます。ちなみに、私が外交担当しているミュンヘン工大は 東大よりもスコアで5位上にランキクインしています。東大と比較してみると

                 総合点 教育 研究 論文引用 国際性

41位 ミュンヘン工科大学              73.1  60.3  71.2  88.4  66.8

46位 東京大学                           72.7  79.5  85.2  63.7  32.2

 となっている。何度も言いますが、この正体不明の数字に一喜一憂するのは馬鹿馬鹿しいことです。それでも大域的な傾向をつかむことはできるでしょう。

 ミュンヘン工大は教育でも研究でも、まだ東大が指導的に貢献できる余地がたくさんあることが一定察せられます。しかし、ミュンヘンは手堅い論文の公刊戦略で研究の発信力を高めており、またここに引用していない産業界との連携で圧倒的な強さを見せています。

 背景は明らかで「Industry 4.0」政策の主要ブレーンの1つとして、欧州最大のアントレプレナーシップ拠点として様々な産学連携を推進しているからにほかなりません。

 大陸欧州は必ずしも大英帝国グループの国際性を誇りませんが、それでも日本の2倍以上の留学生水準を誇るのは、大陸のなせる業ということになるでしょうか。

 ともかく「TUM(ミュンヘン工大)は工科大学だから、総合大学の東大としてはどーたらーこーたらー」などという寝言を言っている状況でないのは明らかです。

 実際ここ3年に限っても、ミュンヘン工大は上述した欧州最大のアントルプレナーシップセンターの開設に続き、EU全域で進む自動運転やスマート化を前提に置いた「スクール・オブ・ガバナンス」を開校しています。

 本来は日本の大学セクターとがっぷり四つに組んで国際展開できる準備を、ほとんど瞬時に整えたのに、どこかの島国だけは(詳細はさすがに書けないですが)ローカルな調整が全くつけられておらず、海外大学に外交上の非礼を重ね続けています。

 その平謝りから今回の私のミュンヘンは始まることになっています。こんな状態で国際ランキングなんて数字を見て云々するのがそもそも間違いと言うか、早いと言うか、それ以前の問題でしょう。

 基本的な大学の姿勢として、国際部署を改めていく必要があると思うまでは、一納税者でもありますので個人の見解として記しておきたいと思います。

 私の祖父は1910年ミシガン大学卒で米国のGM(ゼネラル・モーターズ)で初期自動車産業にエンジニアとして貢献しました(国内では川崎重工に二重社籍を持ち「ふそう」という新会社設立などに参加しました)。

 ことイノベーションに関してはとりわけ戦時日本の閉鎖体制に徹底して批判的で、戦艦「大和」「武蔵」に見るような島国的な自滅を予言、その通りになった経緯がありましたが、戦後72年、いまだ克服できていない側面があるように思われます。

 イノベーション、高等学術、授業料無償化など、言及すべきことは山のようにありますが紙幅がつきました。別論とすることにしましょう。

筆者:伊東 乾