マザー・テレサとダイアナ元妃は生前に親交があった(1997年6月18日、写真:ロイター/アフロ)


 英国のダイアナ元妃が交通事故で悲劇的な最期を迎えたのは1997年8月31日のことだった。36歳という若さでの非業の死である。あれからもう20年になる。

 ダイアナ元妃の死から1週間もたたない1997年9月5日、インドのカルカッタ(現在はコルコタ)でマザー・テレサが亡くなった。こちらは87歳の大往生。晩年はさまざまな疾患を抱えていたとはいえ、天寿を全うしたといっていいだろう。

 ダイアナ元妃だけでなく、マザー・テレサもまた、今年2017年は没後20年となる。だが、2人を並べて取り上げられることはあまりない。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ダイアナ元妃とマザー・テレサの共通点

 ダイアナ元妃もマザー・テレサも、恵まれない人たちへの奉仕に専念したという共通点があった。

 離婚後のダイアナ元妃は、対人地雷廃絶運動やHIV感染者への慈善活動などが、マザー・テレサと並んで世界中の人びとを感動させた。

 ダイアナ元妃には、若くして死んだ悲劇のプリンセスというイメージがある。それとは裏腹の膨大な量のスキャンダル報道もまた絶えることがない。聖性と魔性。聖女と悪女。そんな二項対立が容易に思い浮かぶ。

 マザー・テレサも実は似たような存在であった。たとえば、 『驚くべきリーダーシップの原則 マザー・テレサCEO』(ルーマ・ボース & ルー・ファウスト著、近藤邦雄訳、集英社、2012)という本には、「天使に会うためなら悪魔とも取引しろ」というマザー・テレサのポリシーが紹介されている。マザー・テレサは、毀誉褒貶(きよほうへん)相半ばする、清濁併(せいだくあわ)せのむタイプの人だったのだ。

自らの意志でインドでの宣教活動に従事

 ほぼ同時期に亡くなったダイアナ元妃とマザー・テレサだが、1961年生まれのダイアナ元妃と1910年生まれのマザー・テレサとの間には半世紀という世代差がある。

「大英帝国」時代の旧植民地のインドで奉仕活動に人生を捧げたマザー・テレサは、バルカン半島のマケドニアで生まれたアルバニア人であった。自らの意志でインドで宣教活動に従事したいと願い、19歳の時にアイルランドのカトリック修道院からの派遣という形でインドに渡った。その当時、アイルランドはまだ完全に英国から独立していなかった。

 植民地インドのカルカッタ(コルコタ)では、「ベンガル大飢饉」(1943年)や、「インド独立」(1947年)前後の宗教間対立による大虐殺や難民発生などの大混乱状況を体験している。その体験が、奉仕活動の原点となったのである。マザー・テレサは39歳で独立後のインドに帰化している。

2人の「聖人」の違いは?

 一方、「大英帝国」消滅後の英国に生まれ育った世代のダイアナ元妃が、あたらしい英国王室イメージの確立に貢献した功績はきわめて大きなものがある。

 彼女の登場と存在そのものが、ある意味では古くさい大英帝国イメージの完全な払拭に成功したといえるかもしれない。王室をさらに国民に近づける役割を果たしたことは否定できず、そのために王室自身もまた変身を迫られたのである。ダイアナ以後、英国王室は英国にとってのソフトパワーになったといえよう。

 ダイアナ元妃は、36歳の若さで亡くなったことで神話的存在となったことも否定できない。神に愛された人は早死にし、永遠に人びとの心のなかに生き続けることになる。若き日のイメージはそのまま固定化する。つい先日(2017年8月16日)、没後40年を迎えたエルヴィス・プレスリーも同様だ。エルヴィスは42歳で亡くなっている。

 マザー・テレサは、昨年(2016年)9月4日、カトリック教会から「列聖」され聖人となった。「コルコタの聖テレサ」の誕生である。没後わずか19年目という異例の速さの列聖となったのは、歴代のローマ教皇の強い後押しがあったからだという。

 生前からすでに聖人と見なされていたマザー・テレサだが、正式にカトリックの聖人とされてしまうと、なんだか手の届かない遠い存在になってしまったような気がしないでもない。日本での報道がめっきり減ったのは、もしかするとそのためかもしれない。

 この点は、ダイアナ元妃との違いだろう。制度化された聖人と、人びとの心のなかで生き続ける聖人とは、似ていても異なる存在であるのかもしれない。

「テレサ」という名前の意味

 ここで少し話題を変えて、ダイアナとテレサという名前に注目してみよう。

 ダイアナは生まれた際につけられたファーストネームだが、テレサは修道名だ。前者は親が名付けた名前、後者は21歳で自らが選んだ名前。アルバニア人のマザー・テレサの俗名は、アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ。アグネスは子羊という意味で、キリスト教との関わりの深い名前だ。

 ダイアナはローマ神話の「ディアーナ」から来ている。ディアーナは狩猟と月の女神。ギリシア神話では「アルテミス」という。いずれにせよキリスト教絡みの名前ではない。彼女の両親がなぜキリスト教絡みの名前ではなく、ローマ神話絡みの名前を娘につけたのは分からないが、この名前もまた新鮮なイメージ形成に与ったといえるのではないだろうか。

 一方、テレサは典型的なキリスト教絡みの名前であり、さらにいえばカトリック教会の聖人にちなむ名前だ。

 カトリックには、コルコタの聖テレサ(=マザー・テレサ)以前に、2人の聖テレサがいる。「アビラの聖テレサ」と「リジューの聖テレーズ」である。前者は16世紀のスペイン人で、カルメル修道会の創設者だ。後者は19世紀のフランス人で、カルメル会の修道女である。スペイン語の「テレサ」(Teresa)はフランス語では「テレーズ」(Terese)となる。ラテン語ではともに「テレジア」(Teresia)となる。

 マザー・テレサが21歳のときに選んだ修道名テレサは、リジューの聖テレーズにあやかったものだそうだ。24歳で亡くなったリジューの聖テレーズは、9年間の修道生活のほぼすべてを祈りに捧げた人である。1925年に列聖された際、ときのローマ教皇によって「宣教者の保護聖人」とされた。

英国のメイ首相、ファーストネームの由来は?

 ここまでやや詳しく「テレサ」について書いてきたのは、「テレサ」という名前にまつわる背景について知ってもらいたかったからだ。

 というのも、現在の英国の首相の名前テリーザ・メイのテリーザとは、テレサのことだからだ。テリーザ(Theresa)の綴りには "h" が入るが、基本的に"Teresa" と同じである。スペイン語風に読めばテレサとなる。

 メイ首相の父親は、英国国教会(アングリカンチャーチ)の司祭であった。英国国教会はプロテスタントとカトリックの「中道」的存在だとされている。だが、もともとカトリック教会から16世紀に「離脱」して誕生した経緯があり、教義の内容や典礼はプロテスタント的というよりもカトリックに近いとされる。メイ首相の父親も、限りなくカトリックに近い「アングロカトリック」の司祭であった。

 おそらく、英国国教会の司祭であったメイ首相の父親は、カトリック教会の聖人「アビラの聖テレサ」にあやかって1956年に生まれた一人娘にテレーザと名付けたのだろう。英国国教会でも16世紀のアビラの聖テレサは聖人として敬まわれているのである。

 メイ首相も、当然のことながらテレーザという自分の名前を意識して成長したはずだ。大人になってからは、たとえ自分が意識していない場合でも、人からそのように見なされるので意識せざるを得なくなるということもある。

 英国では、政治家テリーザ・メイのことを「英国初のカトリック首相」だとする論者が一部だが存在する。伝統的に大陸のカトリック勢力に対して警戒心の強い英国では、この点に関して賛否両論がでてくるのだ。カトリック寄りのテレーザ・メイは、大陸重視の考えの持ち主なのではないか、と。

 もしかするとメイ首相自身もこのことを意識しており、「ブレグジット」(EU離脱)に関しては、ことさら欧州大陸とは距離をとる姿勢を打ち出しているかもしれない。

名前には意味がある、名付けには理由がある

 名前は単なる記号ではない。名前には意味がある。名付けには理由がある。

 名付けには親の願望が反映される。子どもにはこうなってほしいという願いが込められている。そういう名前をつけられて育った子どもは、育っていく過程で自分の名前を意識せざるを得ないのである。

 このように名前はプロファイリング情報のかたまりなのである。ファミリーネームだけでなく、ファーストネームから読み取れる情報もきわめて多い。今後はぜひ海外の政治家や経済人のファミリーネームだけでなく、ファーストネームにも注目してほしいと思う。

筆者:佐藤 けんいち