ビリッチ采配的中のウェストハムが今季リーグ戦初勝利!《プレミアリーグ》

写真拡大

▽ウェストハムは11日、プレミアリーグ第4節でハダースフィールドと対戦し、2-0で勝利した。

▽開幕3連敗で最下位に沈むウェストハムは、前節のニューカッスル戦からスタメンを5人変更。E・フェルナンデスやA・アイェウ、オグボンナらに代えてキャロルやクヤテ、フォンテらがスタメンに名を連ねた。一方、リーグ戦無敗のハダースフィールドは、前節のサウサンプトン戦と同じスタメンで試合に臨んだ。

▽試合は開始早々の2分にウェストハムにチャンス。フォンテの右クロスをボックス左でキャロルが受けると縦に切り込みクロスを供給。このボールにファーサイドのクヤテが飛び込むも、右足にはわずかに届かない。

▽13分には、右サイドを突破したアントニオの折り返しからエルナンデスに決定機が訪れるも、シュートはクロスバーを直撃した。その後も主導権を握るウェストハムだったが、フィニッシュの精度を欠いてしまい決定機を生かせない。

▽ゴールレスで迎えた後半、先制点の遠いウェストハムは64分にエルナンデスを下げてA・アイェウを投入。すると71分、バイタルエリア中央でA・アイェウからのパスを受けたオビアンがミドルシュート。これが相手DFにディフレクトすると、ふわりと浮いたボールがそのままゴール右に吸い込まれた。

▽待望の先制点で勢いに乗るウェストハムは、78分にもクレスウェルの右CKをフォンテが右足で合わせると、相手DFのブロックに当たったセカンドボールをA・アイェウが押し込み、追加点を奪った。

▽その後も危なげない試合運びでゲームを締めくくったウェストハムが2-0で勝利。ビリッチ采配的中のウェストハムがホームで今季リーグ戦初勝利を飾った。