港区男子。

普通のサラリーマンでは考えられないほどの年収や地位を(若くして)手にし、港区で生活する者のことだ。

しかし、全てを手にしているかのように見える彼らが、必ずしも幸せとは限らない。

高い報酬と引き換えに、常人では考えられないような、神経をすり減らした日々を送っているのだ。

華やかな世界に住まう男たちの、光と“影”。その実態とは?




<今週の港区男子>
名前:博人
年齢:28歳
職業:外資系証券会社勤務
住居:ザ・パークハウス西麻布
年収:2,000万


女性を口説く暇などない?外銀男の社内接待の一幕


「あ、もしもし?今からマンシーズ来れない?」

麻布十番『マンシーズ トウキョウ』の廊下で、博人は忙しなく電話をかけている。

高級スーツに、第二ボタンまで開けたドレスシャツ。真っ白のシャツは、赤ワインで少し汚れてしまった。

「今日は役員のバースデーだから、マリみたいな可愛い子に来てほしいんだよね」

名前を変えて同じセリフをもう10回ほど繰り返したところで、ようやく美女2人が現れた。胸もとを少し露わにした、夜の港区にぴったりな華やかな美女だ。

「ヒロトくーん!」

「お!リカちゃん!来てくれてありがとう!さすが友達も可愛いね、助かるよ」

リカは雑誌の表紙になったこともある、グラビアアイドルだ。隣の子も、見たことがある顔だった。きっとアイドル仲間だろう。

博人は得意げな顔で、スタイル抜群な美女を引き連れ部屋に戻った。

今日の主役である40代の黒光りした男(博人の会社の役員である)がニヤリと目配せすると、主役の隣にいた女子大生をどかし、リカたちを誘導した。

主役の両隣りには、一番いい女を座らせる。20代のペーペーである博人たちはアテンドに徹する。一番いい女を連れてきた男が評価され、可愛がられるのだ。

美女を呼べないと仕事ができない奴と評価され、飲み会に呼ばれなくなるどころか、仕事にも支障がでる。女性を口説く暇などなく、シャンパンを一気し、カラオケで場を盛り上げるのだ。

女子大生、グラビアアイドル、モデル、女子アナ、一流企業OL、CAなどさまざまな美女がずらりと並んでいる。

今のところ博人の呼んだリカが一番可愛く、主役はご機嫌な様子でリカと腕を絡ませながら、シャンパンで乾杯していた。

自分が呼んだ可愛い女が、上司のおじさんたちと飲んでいる姿を毎晩見ていると、こんなに美女が溢れているというのに、誰に対しても恋愛感情は湧かなくなる。

―みんなどうせ、タクシー代目当てで来ている港区女子たちだ…。

すると突然、一人の女性が入って来た。

「遅れてごめんなさい」

カオスと化した飲みの場の視線が、一斉にドアに注がれた。


可憐に登場した謎の美女の正体とは?


細長く白い手足が、白いワンピースからすらりと覗く、白のマノロブラニクをはいた可憐な美女だ。

ここにいる女性たちとは一線を画す上品さがある。小さな顔に大きな目、人形のようなスタイルと可愛らしい顔立ちに博人は一瞬にして心を奪われた。

モデルなのだろうか、でも芸能関係の匂いを一切感じさせない清楚さを醸し出している。

すると、博人が話しかけるよりも先に主役が謎の美女を手招きした。主役は悪びれる素振りもなくそそくさとリカをどかし、その美女を隣に置いた。




飲み会中に主役は美女を離すことなく、博人はとうとう一度も話しかけることができなかった。

1時間ほどして美女は席を立ち上がった。どうやら帰ってしまうらしい。

「俺、送ってきます」

チャンスだと言わんばかりに博人は美女のお送りに名乗りを上げた。

「今日はありがとう、あの人大変だったでしょ」

自分の財布からタクシー代として2万円を手渡した。これで格好が付くなら、今はこの美女にいい顔をしたい。

「よかったら、LINE教えてよ」

外資系証券会社勤務で高身長。イケメンと言われるのが当たり前な博人にとって、連絡先取得なんぞ百発百中のはずだった。

「ごめんなさい、充電切れちゃって。ありがとうございました」

美女は2万円をしっかりと受け取ると、そそくさとタクシーに乗り込んでいなくなってしまった。

時間は、ぴったり0時。

「マロノブラニクを履いたシンデレラ...」

0時にお城に帰った、正真正銘のシンデレラなのだろうか…。そんな淡い夢を抱いたものの、どうせ彼女もタクシー代目当てで来た港区女子なのだと思う方が、気が楽だった。

港区で飲んでいる女なんて信用できない。これまで何度落胆したことがあっただろう。期待しない方がいい。夢なんて見ないほうがいいんだ。

美女の残り香と夜風に当たりながら一人立ち尽くしていたのもつかの間、博人は見知らぬ女子大生達に腕を引かれた。


まだ20代、タク代おじさんになんてなりたくない


「タク代もらえますか?」

飲み会に紛れていた子なのだろう、女子大生は当然の権利を主張するかのように冷めた口調で言い放った。

先ほどの美女なら話は別だが、一度も話したことのないそこそこ可愛いくらいの女子大生に、何の義理があってタクシー代を払わなければならないのだろうか。

「まだ終電あるでしょ。…ってゆうかどうせこの後もタク代飲みはしごするんだろ」

彼女たちを見透かしたように意地悪く微笑むと、財布を内ポケットにしまいタバコに火をつけた。

「ありえなくない?」
「0時まで飲んだのにタク代くれないとかケチすぎるんだけど、、、」

女子大生が何やらグチグチ言っているが、気にしなかった。いくら高給取りとはいえ港区に掃いて腐るほどいるプロ女子大生達に、毎晩タク代をばらまいていては身が持たない。

それになんだろう、女子大生からしてみれば自分はタク代おじさんと変わりない存在なのだろうか。

博人はまだ、28歳である。虚しさと苛立ちに襲われた。

しかし港区でプロ女子大生の威力は凄まじいものがある。東京でトップクラスの年収を誇る外資系証券会社。「ケチ」だなんて不名誉だ。たった数万円ごときで自分や会社の飲み会の評判が下がる事は避けておきたい。

そんな気持ちも相まって、博人は財布から投げやりに2万円を出し、それぞれに1万円ずつ渡した。まるで、捨てるみたいに。

今日は上司のバースデーなので飲み代はかからないはずであるが、タクシー代だけで4万円の出費だ。一体飲み会に月いくら使っているのだろうか。

大衆居酒屋で飲むなんてことはない、いつだって単価の高い港区のバーである。1回の飲み会が1万円で収まることはまずありえない。

飲み会でなくとも1度デートすれば5万は飛ぶ。世間では高収入だと羨望の目で見られようと、稼いだ金はすべて港区に消えていくのが現実だ。




高級時計なんてしてないし、車だって買えてない。もちろん貯金はゼロ。大学生の頃思い描いていた自分とは、程遠い現実である。

でも遊びをやめて貯金する気などさらさらない。年収が鰻のぼりなのは確実なのだ。そこら辺のサラリーマンとは違うという自負がある。きっと来年は車が買えるくらいのボーナスがもらえるはずだ。

空っぽの財布に目を落とし、一瞬漠然とした不安に襲われるものの、車の助手席に美女を乗せる…キラキラと輝く未来だけが浮かぶ。

高めの年収と高めのプライドが邪魔をして、現実を嘆くことなどできないのだ。

星の一つも見えない夜空を見上げて、ふぅっとタバコのけむりを深く吐く。

「ヒロトく〜ん!なにやってんの、のもーよぉ」

絶望と希望の入り混じったため息をしたところで、博人は美女の猫なで声とともに港区の夜に引き戻されていった。

両手に美女を抱えよろしくやっている上司を見る限り、博人もあと10年はこんな生活が続くのだろうか。

―――港区男子の夜は長い。

▶NEXT:9月19日火曜日 更新予定
ビリオネアを目指す若手起業家の下克上