元彼の結婚。

適齢期の女性にとって、これほどまでに打ちのめされる出来事があるだろうか。

元彼がエリートだったら、なおさらだ。

どうして私じゃなかったの。私になくて、彼女にあるものって何?

東京で華やかな生活を送るエリートたちが、妻を選んだ理由、元カノと結婚しなかった理由を探ってみる。




「え、美沙ちゃん結婚したの!?」

奈緒は、丸の内の『The Pantry』でランチを食べながら、思わず声をだしてしまった。

日課のSNSパトロール中に、何度か撮影で一緒になった読者モデル仲間の美沙が結婚したことを知ったのだ。

奈緒、29歳。丸の内にある法律事務所で秘書をしている。

大学時代から読者モデルをしており、今でも雑誌の「丸の内OLのデートコーデ」特集なんかに登場することもある。

一般人にしてはかわいい部類、まさに読者モデルという雰囲気だ。

就職活動では、その部類の最高峰である女子アナやCAを受け、何社かは最終面接までいったものの内定はもらえなかった。

あと一歩及ばないタイプだ。

美沙も同じ部類で、その彼女が結婚という次のステージに進んだことが、奈緒は悔しかった。

「相手を選ばなきゃ明日にでも結婚出来るわ。私は、相手を選べる立場なんだから」

かつてはそんな高飛車なことを思っていたが、最近は「誰でも良いから結婚したい」が本心で、“二言目には結婚したい症候群”だ。

「いただきます」の代わりに、「ああ、結婚したい!」とつぶやきながら、奈緒は悔しさとともにハンバーガーに向かって大きく口を開いた。


奈緒は、SNSで衝撃的な内容を目の当たりにする・・・!


元彼の“今”と彼らの妻への嫉妬


そんなある日、奈緒は買い物のため銀座まで足を運び、東急プラザ銀座にある『数寄屋橋茶房』に入った。

ビールを一杯頂くことにして、SNSパトロールを開始する。

すると、衝撃的な投稿が奈緒の目に飛び込んできた。

2年前に付き合っていた元彼が、結婚していたのだ。




「また、結婚した……」

奈緒は思わずつぶやいた。そして、自分の男運の悪さを呪わずにはいられなかった。

雄一郎も含めて、奈緒の元彼たちはなぜか、奈緒と別れて次に付き合った彼女と結婚してしまうのだ。

今まで付き合ってきた男たちも、皆そうだった。

奈緒は、雄一郎のページから新婦が麻衣子という名前であることを知り、すぐさま雄一郎を辿って麻衣子のページを見つけた。

麻衣子は、奈緒と同じく「一般人にしてはかわいい部類」で、女性なら誰もが負けを認める美女でもない。

かつて(一方的にではあるが)結婚も考えた男・雄一郎が、自分と同レベルの女性と結婚したのかと思うと悔しくてたまらず、運ばれてきたビールを一気に飲み干した。もはや、やけ酒だ。

「なぜその奥さんを選んだの?」
「どうして私じゃなかったの?」
「奥さんにあって、私にないものって何・・・?」

外資コンサル、商社マンに外交官、広告代理店勤務に開業医・・・。東京での生活を謳歌するエリートたちと付き合ってきた奈緒。

ー「彼女」にはなれたのに「妻」にはなれなかったのは、なぜだろうか。
ー自分と、あっという間に妻の座を得た女たちとの違いは一体何なのだろうか。

認めたくはないが、何か圧倒的な違いがあるのだと、奈緒は思わずにはいられなかった。


雄一郎が語る、奈緒と麻衣子の違いとは


タイミングを見逃した女の、失敗


「Nao Saitoさんがいいねしました・・・」

雄一郎は、同僚がSNSにアップした海外旅行の写真を眺めながら、ある女性の「いいね」に目が止まった。

斎藤奈緒。2年前の春、雄一郎が半年ほど付き合った女性だ。

奈緒と別れてから1年経った昨年の秋、友人の紹介で出会った麻衣子と交際を始め、つい最近結婚した。

雄一郎は少しの懐かしさと共に、元カノ・奈緒と妻・麻衣子の決定的な違いに想いを巡らせた。




雄一郎が奈緒と出会ったのは、現在勤務する法律事務所だった。

当時、奈緒は雄一郎の担当秘書。彼女のルックスはもちろん、細やかな心配りにも好意を持っていた。

雄一郎の担当している案件に関係しそうな記事のコピーが「参考まで」というメモと一緒に机に置いてあったり、雄一郎がどさっと置いた書類は、案件ごとにファイリングされていたり…。

指示待ちや恩着せがましい秘書も多い中、奈緒のさりげなく、相手が求めていることを的確にやってのけるスキルは、弁護士仲間も「奈緒マジック」と呼んで賞賛していたほどだ。

「家庭でも奈緒マジックを」なんて淡い期待をいつしか抱くようになっていた雄一郎は、2年前に奈緒が丸の内の法律事務所に転職した時に想いを告げ、二人の交際はスタートした。

雄一郎の期待通り、奈緒マジックは遺憾無く発揮された。完璧に、でもさりげなく。雄一郎にとっては、奈緒は理想の彼女、いや妻だった。

しかし、次第に奈緒と雄一郎はすれ違っていく。

奈緒は「全ては結婚のためだと思って尽くしてきたし、雄一郎の仕事を優先してデートだって我慢してきた。それなのに結婚の話が全く出ないのは、雄一郎は私と結婚する気がないんだ」という思いを強めていたのだ。

その頃の雄一郎は、多忙を極めていた。

それもそのはず。雄一郎は、パートナーに昇格出来るか否かの瀬戸際にいたのだ。パートナーとは会社でいうところの役員で、ヒラの弁護士とは年収も数倍違う。

上昇志向の強い雄一郎は、35歳の最年少パートナーに向けて、ここ数年がむしゃらに働いていた。

雄一郎は前々から決めていたのだ。「結婚はパートナーに昇格した後」と。

決して奈緒に対して結婚を渋っていたわけではない。ただ、雄一郎なりのタイミングがあった。

彼の元秘書である奈緒は知っているはずだ。雄一郎は仕事が速くて完璧、秘書や後輩弁護士に的確な指示を出し、難しい案件をまとめあげるリーダーシップもある。無駄な長時間労働とは無縁で、とにかく業務の効率が良くて誰もが憧れる存在だった。

そんな雄一郎が、毎日残業して休日返上、家でも仕事をしているなんて、“何か”あるはずだ、と。

雄一郎の“何か”を冷静に考えたら“雄一郎のタイミング”が近いことを見抜けたかもしれない。

しかし、奈緒は結婚を焦るあまり、雄一郎の状況なんて想像出来ず、自分と結婚する気がないと勝手に判断し、勝手に去って行った。

一方の妻・麻衣子。麻衣子は、貿易会社の事務職として働いている。法務部で働く企業弁護士に誘われて行った食事会で雄一郎と出会った。

お互い読書家で、好きな作家の話で意気投合した2人はすぐに付き合い始めた。

麻衣子は職場で、海外転勤がきっかけの結婚を嫌というほど見てきたし、昇進が決まった先輩がマイホームを購入する姿もよく見ていたため、仕事の転機がライフステージの転機になると想像しやすかったのかもしれない。

雄一郎ががむしゃらに働く姿をみて、彼の”タイミング”に気付き、きっちり見極めた。

そうして麻衣子はあっという間に彼の妻となった。

奈緒に去られた後、雄一郎は奈緒を忘れるため、仕事に没頭した。パートナーになれたのは、奈緒のおかげかもしれないとは…。

なんと皮肉なことだろうか。

▶︎NEXT:9月19日 火曜更新予定
お金はあるのに出し渋る男・俊樹から探る、奈緒が妻になれなかった理由。