3期生Wセンターの「逃げ水」で2作目のミリオンセールスを達成した乃木坂46

写真拡大

 人気アイドルグループ・乃木坂46の18枚目のシングル「逃げ水」(8月9日発売)が、9/18付オリコン週間シングルランキングで週間2.8万枚を売り上げ3位にランクイン。累計の売上枚数を101.3万枚に伸ばし、同グループ2作目のミリオンセールスを達成した。

【写真】3期生の大園桃子&与田祐希がWセンターに大抜てき

 自己最高の初週売上88.0万枚(8/21付)を記録していた今作は、初登場から5週目でミリオンを達成。グループ初のミリオンを記録した17thシングル「インフルエンサー」(3月発売 累積102.5万枚)はランキング初登場から13週目で100万枚を突破したが、今回はこれを大幅に上回るハイペースでの達成。止まらぬ勢いをCDセールスでも証明した。

 センターは昨年9月加入の3期生、大園桃子と与田祐希の2人が抜てきされ、ともに初選抜での大役となったが、見事に期待に応えた。

■乃木坂46キャプテン・桜井玲香の喜びのコメント

18thシングル「逃げ水」は、3期生メンバーが初めてセンターを務めた楽曲で、前回に続きミリオンセールスを達成できた事は本当にうれしいのと同時に、これから先の乃木坂46の原動力にも繋がったと感じています。

11月には東京ドームのライブも控えているので、今回のミリオンにふさわしいライブができるよう、みんなで頑張りたいと思います。これからも乃木坂46の応援を宜しくお願い致します!!