広西チワン族自治区出身のアスリートが、第13回中華人民共和国全国運動会の競技会場で人気の的となっている。人気の理由は大会成績ではなく、その美貌にある。

写真拡大

広西チワン族自治区出身のアスリートが、第13回中華人民共和国全国運動会(全運会)の競技会場で人気の的となっている。人気の理由は大会成績ではなく、その美貌にある。

【その他の写真】

6日夜、天津で開かれた陸上競技女子4X400リレー予選で、広西の王美媛選手は、その美貌ゆえに多くの観衆から注目を浴びた。「陸上の女神」と呼ぶネットユーザーまでいるほどだ。7日午後8時40分、王選手とチームメイトが女子4X400リレー決勝に臨んだ。

彼女は、アスリートに対するネットユーザーの固定観念を打ち破った。陸上選手の中にもこれほどの美貌の持ち主がいるという事実は、人々を不思議な感覚に陥れた。

王選手は、広西陸上競技チームに所属する国家一級陸上競技選手で、得意種目は400メートル走。13歳で陸上競技をはじめ、7年間競走のトレーニングを続けている。(提供/人民網日本語版・編集KM)