マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、『サンデー・タイムズ』に対して、デイビッド・モイーズ氏やルイス・ファン・ハール氏が指揮をとっていた期間は、チームの変革が行われなかった「空白期間」だと話したようだ。『ESPN』が伝えている。

 12-13シーズン限りでアレックス・ファーガソン氏が退任し、その後はデイビッド・モイーズ氏、ファン・ハール氏が監督に就任(ライアン・ギグス氏も暫定監督として一時期指揮)。そして、昨季からモウリーニョ監督がチームを率いることになった。

 ファーガソン氏退任後は13-14シーズンが7位、14-15シーズンが4位、15-16シーズンが5位とタイトルを逃し続けただけでなく、モウリーニョはその期間でチームの変革が行われなかったと強調している。

「他のクラブではさまざまな変革が行われたけど、このクラブは何も変わらなかった。他のクラブが成功している中で、我々の時は止まってしまっていたんだ。はっきり言って、本当に何もない期間だったよ」

 だが、自身がチームを率いるようになってからは「今のマンチェスター・Uの状態は良くなってきているし、メディカル部門も進化しているんだ」と話している。


●プレミアリーグ2017-18特集